インフルエンザって1シーズンに2回感染することがあるの?

冬になると流行するインフルエンザですが、1シーズンに1度感染したらもう大丈夫と安心する方が多いと思います。

1度インフルエンザに感染していたら、2回目はないからインフルエンザっぽい症状でもインフルエンザではないと認識してしまう方も多いようです。

でも、実はインフルエンザは1シーズンに2回感染する可能性があるのです。

今回は、そんなインフルエンザの複数回感染について御紹介しようと思います。

インフルエンザは1シーズンで2回感染もある?

この質問の答えから先に申し上げますと「1シーズンに2回感染することはある」という事です。

1シーズンに1回感染すると免疫ができるので2回目は感染しないと考えている方が多いでしょう。

実際にそうなのですが、まれに2回以上発症してしまうこともあるのです。

その理由は、3つあります。

 1.インフルエンザにはA型とB型があり両方に感染した

 2.同じ型の中の違う種類だったので2回感染した

 3.1回目の感染で免疫が十分にできなかったので2回感染した

という3つの理由が考えられます。

インフルエンザA型とB型に感染する

インフルエンザA型とB型の両方に1シーズンで感染してしまうことがあります。

その場合には、インフルエンザに2回感染してしまうことがあります。

インフルエンザには、A型、B型、C型があります。

インフルエンザのC型は、感染力があまり強くないので免疫力が低い小さな子どもが感染することがほとんどです。

けれどもインフルエンザA型とB型は、毎年12月から3月までの間に猛威を振るいます。

この2つのインフルエンザに関しては、毎年感染が広がるのですがA型の方がすこし流行が早くて12月~3月にかけて、B型の方は2月~3月に発症する人が多いようです。

インフルエンザは型によってもその症状や感染時期、感染する生きものなどがちがいます。

ですからインフルエンザの型が違うとウイルスが違うので、A型を発症して人でもB型に感染することがあるのです。

インフルエンザは同じ型なら、1回感染すれば体に免疫ができます

身体に抗体ができているとウイルスをバリアできますので感染しなくなります。

けれども別の型なら、その型に対しての抗体ができていないので感染する可能性があるのです。

結論から言うと、

・インフルエンザA型に感染した人はインフルエンザB型に感染する可能性もある

・インフルエンザB型に感染した人はインフルエンザA型に感染する可能性もある

ということです。

[スポンサードリンク]

同じ型のインフルエンザでも2回感染することがある

インフルエンザA型に一度感染して発症したのに、またA型に感染してしまうことがあるのでしょうか?

これも結論から先に申し上げますと「同じ型のインフルエンザでも2回感染することがある」ということです。

どうして同じ型のインフルエンザに2回感染してしまうことがあるのでしょうか?

それは、インフルエンザA型やB型と大きく分かれていますが同じ型でも別の種類に変異しているウイルスがあるということです。

たとえば、インフルエンザA型の場合には、ソ連型や香港型などがあります。

インフルエンザB型の場合には、山形型やビクトリア型などがあります。

このようにインフルエンザは型だけでなく、種類が異なる場合にも免疫ができていないので同じ型でも複数回感染してしまう可能性があるのです。

インフルエンザに1度感染しても免疫がつかないことがある

インフルエンザに1回感染するとそのウイルスに対しては免疫がつくといわれています。

ですから、同じ型で同じ種類のインフルエンザには1度感染すると1シーズンで2度感染することはないのです。

けれども、1回感染してもウイルスに対しての免疫が十分にできていない場合には感染の可能性があります。

今は、インフルエンザらしい症状があると病院で検査をしてもらい、抗インフルエンザ薬を処方されることがほとんどです。

この薬は高熱が一気におちついて、インフルエンザもあっという間に治ってしまうというものです。

けれども、じつはこの抗インフルエンザ薬によって抗体が十分にできない可能性もあるのです。

インフルエンザにかかってすぐに抗インフルエンザ薬を飲むことで免疫を作る前にウイルスを抑えてしまうので抗体ができにくくなってしまうのです。

何度もインフルエンザに感染する可能性もあるので気をつけなくてはいけません。

インフルエンザに1シーズンで2回感染することがあるのかについてのまとめ

いかがでしたか?

インフルエンザに1度感染したから今シーズンはもう大丈夫と思っていたら、もう一度kン宣してしまった。

そんなことがあるのですね。

残念ながら、インフルエンザに1度感染しても型がちがったり、種類がちがったり、免疫が十分にできていないと感染の可能性があるのです。

ですから、一度感染してからと油断せずにしっかりと予防対策をとっておくことが大切ということでしょう。