インフルエンザで腰や背中が痛いのはどうして?対処法は?

冬になると空気が乾燥してくるとインフルエンザが流行し始めますね。

インフルエンザに感染すると急な高熱や筋肉痛、全身の倦怠感などの全身症状など辛い症状で苦しみます。

インフルエンザの症状はいろいろありますが、腰や背中が痛くなることがあります。

では、なぜインフルエンザの症状で腰や背中が痛くなることがあるのでしょうか?

今回は、そんなインフルエンザの腰や背中が痛くなるのか、またどのように対処したらいいのかをご紹介しようと思います。

インフルエンザで背中や腰が痛くなる理由は?

%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%80%80%e7%97%9b%e3%81%bf

インフルエンザに感染すると、高熱だけでなくさまざまな辛い症状で悩まされます。

風邪と似たような症状もありますが、インフルエンザの症状の方が一般的にひどい症状となります。

全身症状もいろいろありますが、その一つに関節痛や筋肉痛があります。

ですから、背中や腰が痛むこともあるのです。

その原因のひとつが免疫機能の活発化があります。

インフルエンザに感染すると、体の中の免疫機能がインフルエンザウイルスと闘うために活発化します。

その時に、発熱や痛みを起こす物質が分泌されます。
ですから、インフルエンザの背中や腰の痛みはインフルエンザを治すためだと考えられます。

また、咳によって筋肉痛を起こしている可能性もあります。

さまざまなインフルエンザの症状の中でも咳の症状が出る人は少なくありません。

咳をする時に無意識ですが背中の筋肉を使っています。
咳を繰り返すことによって普段はあまり使わない筋肉を使いすぎて筋肉痛になってしまうことがあるのです。

インフルエンザで弱っている時に咳をしてぎっくり腰になることもありますので注意が必要です。

さらに、普段から弱っている部分が悪化することも考えられます。

インフルエンザに感染することによって、普段から弱っていた部分が悪化してしまいます。
骨が弱い場合や筋肉に疲労がたまっている場合などは、そこにも影響がでやすいので気を付けましょう。

インフルエンザによる腰痛や背中の痛みの対処法は?

インフルエンザにかかって腰痛や背中の痛みに悩んでいる場合にはいくつかの対処法を試してみましょう。

[スポンサードリンク]

1.横向きで寝る

 仰向けの姿勢でいると実は腰や背中に負担がかかりやすいのです。
 横になると腰や背中への負担が軽減あれます。

 足は軽く曲げてより負担を軽減しましょう。
 体の右側に大きな血管が通っているので血流を停滞させないために7割を左、3割を右を下に寝るとよいでしょう。

2.痛いところをマッサージする

 腰や背中など痛みが出ている所を優しくさするようにマッサージすることで神経の興奮を鎮めます。
 痛みもすこし軽減されるので優しくなでるようにしましょう。

3.お風呂にゆっくりつかる

or_furo-thumb-572xauto-88

 インフルエンザで腰痛になってしまうことの原因のひとつと考えられるのは寝てばかりいることで血流が悪化することも考えられます。
 お風呂にゆっくりつかることで血流が改善されるので痛みも軽減されるでしょう。

4.栄養バランスの良い食事を心がける

 インフルエンザウイルスを撃退することが一番の改善になります。
 インフルエンザウイルスと闘うためにはビタミンB1を積極的に摂りいれることで疲れを回復してくれます。
 ビタミンB1が多く含まれる豚肉や大豆製品を毎日の食事に取りいれるようにしましょう。

5.腰痛コルセットを活用する

premium1

 動けないほどの痛みがある時には腰痛コルセットを活用することもおすすめです。
 コルセットは腰を固定しますので楽に動くことができるようになります。
 ただコルセットをあまり長く使うと筋肉を使わなくなってしまうので痛みがひどい時だけにしましょう。

以上がインフルエンザの腰痛や背中の痛みを感じた時にできる対処法です。

自分ができそうなことから試してみると良いでしょう。

インフルエンザによる腰痛をすこしでも早く治すには?

インフルエンザで腰痛になってしまったら少しでも早く治したいと思いますよね。

それで、横になって安静にしている人が多いでしょう。

でも、実はインフルエンザで腰痛になってしまったら少し体を動かすことも大切です。

インフルエンザに感染していると横になっている時間が長いので筋力が衰えてしまいがちです。

ですから、自分の体重を支えきれなくなって腰に痛みが出てしまうこともあります。

さらに、もともと腰痛持ちという方はさらに悪化しまうこともありますので注意が必要です。

もちろん、インフルエンザで高熱が出ているときに無理に身体を動かす必要はありません。

熱が落ちついて症状も軽くなってきたら少しずつ動くようにしましょう。

激しい運動は禁物ですが、徐々に日常生活に戻るように心がけるとよいでしょう。

インフルエンザによる背中や腰の痛みの原因や対処法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザによる背中や腰の痛みの原因や対処法をいくつかご紹介しました。

インフルエンザの症状でもある筋肉痛などによって痛みがでることがあります。

これは、ウイルスと闘っている証拠でもあります。

けれども、痛みが酷い時はいくつかの対処法を試してみてください。