微熱でもインフルエンザの可能性があるの?病院に行くのは?

冬に流行するインフルエンザ。

インフルエンザといえば、高熱がでるというイメージがありますね。

ですから、インフルエンザでも微熱の場合はあるのでしょうか?

もしも、インフルエンザではないと思っていても、インフルエンザのウイルスを持っていると周囲へ感染させてしまう可能性があります。

そこで、今回はインフルエンザでも微熱の場合があるのか、また病院にいくタイミングなどについてご紹介しようと思います。

微熱や症状がかるくてもインフルエンザの可能性は?

インフルエンザは、ご存知のようにインフルエンザウイルスに感染することによって発症します。

人に感染するインフルエンザは、A型、B型、C型があります。

C型は大人にはあまり感染しないで、幼児の間で感染することが多く感染しても風邪程度の症状であまり影響力はありません。

インフルエンザA型は、人に感染するインフルエンザウイルスの中でもっとも感染力が強くて症状もやっかいです。

毎年流行するインフルエンザですが中でもA型が一番多く、新型インフルエンザといわれるもののこのA型が派生したものです。

そして、インフルエンザB型は、A型ほど症状はひどくありません。

けれども、高熱だけでなく消化器症状などがでやすいといわれています。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%81%a7%e5%be%ae%e7%86%b1%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%8c%e7%b6%9a%e3%81%8f%e5%a0%b4%e5%90%88

インフルエンザに感染していても微熱や症状が軽いのは?

インフルエンザに感染していても微熱や症状が軽いことがあるのはなぜなのでしょうか?

たとえば、インフルエンザの予防接種を受けている場合があります。

予防接種を受けていた場合には、インフルエンザにかかりにくいだけでなく、感染したとしても症状が軽く済むことがあります。

インフルエンザの予防接種によって体内にインフルエンザウイルスへの抗体ができているからです。

ですから、インフルエンザの特徴ともいえる急激な発熱などが見られません。

風邪薬や解熱剤を飲んだ場合も症状が軽かったり微熱の場合があります。

インフルエンザの症状が見られても風邪と思って、市販の風邪薬や解熱剤を飲んだ場合にはその影響によって症状が抑えられる場合があります。

インフルエンザも風邪と同じくウイルス感染によって発症します。

風邪のウイルスはパワーがないので、高熱や全身症状がありませんが、インフルエンザの場合はウイルスのパワーが強いので症状が出やすいのです。

症状が出る前に風邪薬や解熱剤を飲んだ場合には、ある程度症状が抑えられることが多いでしょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザB型の感染は微熱なの?

インフルエンザB型の症状の特徴として発熱があります。

この発熱ですが、平熱~微熱程度が続くことが多いのです。

A型に比べると急激な発症を見せないのがB型で、発症間もないときには風邪と勘違いしてしまうことも多いのです。

インフルエンザで微熱や症状が軽い時、病院に行くタイミングは?

Young woman with ice pack on her head

実は、インフルエンザは薬を飲まなくても自然治癒できるものです。

病院では、抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザなどが処方されます。

これらの薬は、発熱している期間を1,2日短くすることができることや重症化を抑える効果があると考えられています。

とはいえ、病気がピークに達してからこれらの薬を飲んでも効果が期待できません。

症状が出始めたら48時間以内に受診して薬を処方してもらう必要があるのでう。

けれども、症状が軽い場合には自宅で様子を診てもいいでしょう。

インフルエンザに限らず、病気を治すためには体力も休養も栄養補給も不可欠です。

安静にして、水分や栄養補給をしっかりすることで1週間程度でほぼ治るでしょう。

微熱が続いても病院に行かなくてはいけないこともあります。

それは、自宅で様子を診ていても1週間以上微熱が続く場合や、体調の回復を感じられない場合です。

そんなときは、インフルエンザ以外の病気の可能性もありますので早めに受診しましょう。

特に子供の場合は、抵抗力が強くてインフルエンザを微熱だけに抑えることができていたとしても、急に悪化するおそれもありますので早めの検診が必要です。

微熱だけだからといって安易に考えないことが大切です。

インフルエンザでも微熱なら外出はOK?

それでは、インフルエンザに感染していても微熱で症状も軽いなら外出してもよいのでしょうか?

インフルエンザは発症してから5日間経過し、かつ解熱してから2日が経過しなくては完治とはいえません。

ですから、微熱や症状が軽いからと言って、体内にはインフルエンザウイルスがある状態です。

その状態で外出するとインフルエンザを周囲に感染させてしまう可能性がありますので、外出は避けた方がよいでしょう。

インフルエンザでも微熱の場合に病院にかかるタイミングについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザでも微熱の可能性や病院に行くタイミングについてご紹介しました。

インフルエンザに感染していても予防接種や薬などによって症状が軽く、微熱の場合もあります。

ですが、インフルエンザウイルスが体内に存在している事はかわりありません。

インフルエンザに感染しているということで、外出はさけて十分な休養をとるようにしましょう。