インフルエンザに2回かかることがあるのか?

冬になると流行するインフルエンザ。

さまざまな予防策をとって、できるだけインフルエンザに感染しないようにしようと考える方が多いでしょう。

でも、残念ながらインフルエンザに感染してしまうこともあります。

では、インフルエンザは1シーズンに1度感染すると2回感染することはないのでしょうか?

今回は、気になるインフルエンザの感染回数などについてご紹介しようと思います。

インフルエンザって2回感染することもあるの?

インフルエンザは1回感染すると、同じシーズンにはもう感染しないと考える方も多いでしょう。

でも、ご存知のようにインフルエンザにはいくつかの型があります。

ですから、その方によって、同じシーズンでも複数回感染することがあるのです。

一般的には私たち人間が感染するインフルエンザの種類は、A型、B型、C型の3つになります。

この3つの中でもC型に関しては、感染しても普通の風邪とあまり変わらない症状なので流行性が低いといわれます。

また、1度免疫を持つとほぼ一生免疫が持続するそうです。

ですから、このインフルエンザC型に関してはあまり恐れる必要はありません。

問題は、インフルエンザのA型とB型なのです。

インフルエンザA型とは、3種類のインフルエンザウイルスの中でも最も感染力が強くて、症状や重症化しやすいと言われています。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%81%ab2%e5%9b%9e%e6%84%9f%e6%9f%93

毎年インフルエンザが流行するなかでも中心となっているのがA型で、新型インフルエンザもA型が変異したものです。

また、香港型、スペイン型、ロシア型などもA型から派生したウイルスです。

インフルエンザA型の症状の特徴としては、38度以上の高熱や全身症状、悪寒、筋肉痛、関節痛、頭痛、咳やのどの痛み、鼻水などがあります。

とくに高熱や強い全身症状が目立ちます。

高齢者や乳幼児の場合、症状が長引きやすいのでとくに注意が必要です。

インフルエンザB型とは、A型とともに流行することが多いです。

ただ、B型は変異しにくいので免疫の抗体が維持されやすくA型ほどの流行とはなりません。

ですから、数年おきに発生することが多いです。

そんなインフルエンザB型の症状の特徴としては、発熱や悪寒、関節痛、筋肉痛、頭痛、倦怠感、咳や喉の痛みなどがあります。

とくに呼吸器症状が強く表れやすいのが特徴ですがA型よりも症状が軽いです。

インフルエンザB型のウイルスは一度かかると免疫ができるので、2度目はかかりにくくなると言います。

ただ、ウイルスは定期的に変異するので、数年後にはまた感染する可能性はあります。

[スポンサードリンク]

インフルエンザの同型に2度感染することは?

インフルエンザの中でもA型はもっとも変異が多いと言われています。

ですから、何度も感染する可能性もあります。

インフルエンザA型は、変異が多いので同じ型のいわゆる兄弟がたくさんいる状態です。

ですからシーズン中であっても複数の兄弟ウイルスが存在している場合には、同じ型でも2回以上感染する可能性はあります。

インフルエンザウイルスは1個のウイルスが細菌に感染するとあっというまに増殖します。

そして、8時間後には約100個に、24時間後には100万個になると言われています。

02
出典:http://www.nijigaoka.org/

インフルエンザに感染しても免疫ができないの?

何度も同じ型のインフルエンザに感染してしまう人がいます。

その理由の一つが、免疫がきちんとできていないということです。

体調が悪かったりして免疫力が低下していて、インフルエンザに対する抗体がきちんとできていないまま症状だけ収まってしまいます。

すると抗体ができていないので、もう一度インフルエンザに感染してしまうのです。

また、抗インフルエンザ薬を直ぐに処方されることで体内で免疫を作る前にウイルスの活動が抑えられてしまうことがあります。

すると同じ型のインフルエンザに再度感染してしまうこともあるのではと考えられています。

一度かかって辛い思いをしたのに、またインフルエンザにかかるのはできれば避けたいですね。

インフルエンザ予防をしっかりと!

1度といわず2度もインフルエンザに感染することのないようにできるだけ予防策を取りいれたいものです。

普段から簡単にできるインフルエンザ予防策としては、手洗いうがいを徹底すること。

10918

また、外出時にはマスクの着用を心がける事。

さらに、できるだけ規則だたしい生活をおくることです。

栄養バランスのとれた食事を心がけ、しっかりと睡眠をとることで免疫力を高めることができます。

免疫力が高い人は、インフルエンザに感染したとしても発症しない場合もあります。

これらの予防策をしっかり行うようにしましょう。

インフルエンザに2回かかることがあることについてのまとめ

いかがでしたか?

今回はインフルエンザに2回感染する可能性などについてご紹介しました。

インフルエンザはつらい症状が特徴なのでできれば何回もかかりたくはないですよね。

けれども、違う型のインフルエンザの場合は、かかってしまうこともありますし、同じ型でも変異している場合には感染することもあります。

普段から予防策を取りいれることをオススメします。