インフルエンザに加湿器が大活躍!上手な加湿器の選び方は?

寒くなる冬。

温度と共に、湿度もどんどん下がっていきます。

とくにインフルエンザや風邪が流行する季節ですから、湿度調節が大切になります。

そこで活用したいのが加湿器です。

今回は、インフルエンザ予防にも大活躍してくれる加湿器の上手な選び方をご紹介しようと思います。

インフルエンザウイルスは湿度に弱いの?

[スポンサードリンク]

室内の湿度を保つことで、どのような効果があるのでしょうか?

まず、一つ目は風邪やインフルエンザなどのウイルスが湿度に弱くて、室温22℃以上で湿度が50%だとインフルエンザウイルスが死滅すると言われています。

そして、湿度が低いとウイルスが活動しやすい環境ということになるのです。

そんなわけで、夏にはインフルエンザが流行しないのが分かりましたね。

加湿器を使用するには、まだまだ良いことがたくさんあります。

たとえば、乾燥肌でアレルギーになるのは冬。

とくに赤ちゃんは乳児湿疹を悪化させてしまうこともあるのです。

ですから、冬には加湿器を活用して湿度を上げることでお肌の乾燥予防にもなります。

また、乾燥していると朝目覚めた時にのどがイガイガするという経験をしたことがある方も多いでしょう。

大人だけでなく、子供でも同じようなことが起こります。

実は就寝中に乾燥した室内が原因でのどが傷ついてしまうことで、そこに細菌やウイルスが入ってしまうのです。

ですから、湿度を上げておくことで風邪やインフルエンザを防ぐことができるというわけです。

インフルエンザ予防にもなる加湿器の選び方は?

b4b62ecc-af4e-4549-ab11-2220a2ae8d21-l_2015-1-23_7584e513abc02a69774bd1d43a75895d

ご紹介したように加湿することでインフルエンザ予防だけでなく、乾燥が原因のさまざまな病気を防ぐことができます。

永く使えるものなので、さまざま掲載されている加湿器の中から自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで加湿器を活用するのですが、どのような加湿器を選べばいいのでしょうか?

加湿器選びのポイントをご紹介しましょう。

まずは、使用する部屋の広さにあった加湿器を選ぶことです。

加湿器は、対応する部屋のめやすが決まっています。

広い部屋には、それだけの機能がある加湿器を置かなくてはしっかりと加湿できません。

加湿器を購入する際には、目安をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

つぎに、水を入れるタンクの大きさを選ぶことです。

部屋の広さに合った加湿器を購入しても水のタンクの容量が少ないと寝ている間にとまってしまう事があります。

それでは、意味がありませんね。

ですから、寝ている間はタンクの水が切れないようなタンクの大きさが必要です。

8畳の広さの部屋なら2リットル位入るタンクの加湿器をセレクトするようにしましょう。

子供が触れる可能性がある場合には、気化式などを選ぶこと。

スチーム式の加湿器は加湿力はとても高いのですが、熱いスチームがでるので子供が触れるとやけどの可能性があります。

そのことを考えると小さなお子さんがいる場合には、スチーム式は避けた方がいいでしょう。

そこで、子供がいるご家庭では気化式やハイブリッド式をセレクトしましょう。

電気代が気になる方は超音波式がオススメです。

ただスチーム式よりは加湿力が弱く、床や壁が霧で濡れてしまうことがあるので環境によっては使えません。

インフルエンザ予防に効果的な加湿器の置き方は?

43337_original

インフルエンザ予防に効果的な加湿器の置き方は、部屋の中央に設置することです。

出入り口に設置してしまうと加湿をしたのに湿度が逃げてしまうからです。

換気扇の近くに設置してもいけません。

また、エアコンの温風が当たらない所に設置するといいでしょう。

エアコンの温風はが当たらないことも大切です。

エアコンの温風を受けると加湿機本体があたたっまってしまいます。

すると、温度センサーがくるってしまうので加湿機能にも影響が出ることがあります。

さらに、加湿器は常に清潔にしておくことが大切です。

加湿器のメンテナンスをしていないと、水分に含まれるミネラル分などがフィルターに付着てしまいます。

ですから、できるだけこまめに掃除をするようにしましょう。

タンク内の水は残っていてもまいにち取り換えることが大切です。

注ぎ足しはいけません。

こまめに水をいれかえるようにしましょう。

加湿器以外の予防法も併用して!

加湿器で湿度を管理することで、インフルエンザ予防ができます。

けれども、それだけでは不十分なので他のいんふるえんざ予防策も取りいれましょう。

とくに外出時には、マスクを着用すること。

こまめにうがい手洗いをすることなどもおすすめです。

Female washing Hands
Female washing Hands

普段から規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事を摂るように心がけましょう。

インフルエンザ予防のための加湿器選びまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防に役立つ加湿器の選び方や使い方についてご紹介しました。

加湿器はおしゃれなものから活用的なものまでいろいろありますから、ぜひ自分の家庭に合ったものを選ぶようにしましょう。

もちろん、他のインフルエンザ予防策と併用することで効果もあがりますので、できることから取りいれていきましょう。