インフルエンザ予防に大切なのは水分補給なの?

秋から冬にかけてインフルエンザが流行します。

インフルエンザは、感染力が強いので、感染するとしばらく会社や学校を休むことになりますね。

とくに受験を控えている学生にとっては、インフルエンザは絶対にかかりたくないものでしょう。

そんなインフルエンザを予防する為に、一般的にはインフルエンザ予防接種を受けることです。
とはいえ、インフルエンザは毎年流行する型が違います。

せっかく受けたインフルエンザの予防接種の型があわないと、インフルエンザを100%予防できるわけでは無いのです。

そこで、他の予防策を一緒に取りいれることも大切です。

じつは、インフルエンザ予防には水分補給が大切と言われています。

今回は、インフルエンザ予防と水分補給の関係についてご紹介しようと思います。

私たちの体にあるウイルス排除機能

インフルエンザに感染しないために、さまざまな予防法があります。

けれども、実は私たちの体は、もともとウイルスや細菌の侵入に対して免疫、排出機能が備わっています。

インフルエンザなどのウイルスが侵入してくるのは鼻や口です。

鼻や口からインフルエンザウイルスなどの異物が侵入してくると、くしゃみや咳という形で排出しようとします。

これが私たちの体にある本来の排出機能ですね。

鼻や口には、線毛と呼ばれるものがあり直径1000分の1mmで裸眼では確認できない大きさです。

けれども、線毛でウイルスをキャッチするだけでく、ものすごい速さで細かく動いているのでそれが排出機能として働いているのです。

線毛は粘膜で覆われています。

ですから、キャッチしたウイルスが粘液に包まれて外へと排出されるのです。

けれども、線毛は身体が乾燥していると動きが鈍くなってしまいます。

身体が乾燥している状態とは、水分が足りていないということ。

十分に潤っていないと線毛の動きが鈍くなってしまうのです。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e6%b0%b4%e5%88%86%e8%a3%9c%e7%b5%a6

インフルエンザ予防には水分補給を!

インフルエンザウイルスが体内にはいらないようにするためには、身体がうるおっていなくてはいけません。

体を潤すことは、水分補給をしっかりとするという事です。

とくにインフルエンザが流行する冬は、外気が乾燥しています。

室内も暖房などによって湿度が低い状態となっています。

すると、私たちの体は乾燥してしまいます。

冬は夏に比べて水分補給を意識しない方が多いでしょう。

けれども、実は乾燥する冬こそ、こまめな水分補給が必要となるのです。

1日1.5リットル程度を目安に水分補給することが良いとされています。

もちろん、一度に1.5リットル飲むという事ではありません。

のどの渇きを感じる前に時間をある程度決めてこまめに水分補給をしていきましょう。

また、水分補給をする多お気に大切なのが温度です。

線毛が一番活発に動くのが37度~38度と言います。

体温が低い場合には、線毛の動きが鈍くなってしまいます。

水分補給の時には、体を温めるためにも温かい飲み物にするとよいでしょう。

ポカリスエット等のスポーツドリンクもいいですが、温かい飲み物の方が効果的です。

ポカリを温めて飲むのが抵抗のない方にはおすすめです。

[スポンサードリンク]

免疫力を上げる飲み物を水分補給に!

せっかくなら、ただ水を飲むのではなくて、免疫力を上げる飲み物が飲みたいですよね。

では、どのような飲み物がよいのでしょうか?

風邪やインフルエンザ予防のためには、殺菌効果や抗酸化作用のある飲み物や体内の免疫力を上げる飲み物がおすすめです。

体内の免疫力を上げるためには、血流を良くすることが一番です。

血流をよくするためには、体を芯から温めてくれるドリンクを飲みましょう。

とくにホットジンジャーや焼き梅茶がおすすめ。

10hotginger
出典:盛田株式会社

また、リラックス効果のあるホットミルクやバナナしぇいくなどもオススメです。

リラックス効果のあるものを摂取することでリラックスっして血管が拡張して血流がよくなります。

体を温めるドリンクを飲むことで水分補給と免疫力アップをしていきましょう。

インフルエンザ予防の水分補給で自律神経も整える

インフルエンザ予防のために水分補給をすることで自律神経のバランスを整えることもできます。

私たちが緊張状態にある時に、水分を摂取すると消化器系が刺激されます。

それを合図に交感神経から副交感神経へと切り替わって、リラックスします。

インフルエンザ予防だけでなく、他にもさまざまな効果があるので水分補給はしっかり行いましょう。

また、水分調節は排便を促すためにもとても大切です。

水分不足で排便がしっかりと行われない場合には、腸内環境が悪化してしまい免疫力の低下の原因ともなります。

インフルエンザ予防には水分補給が大切ということについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防には水分補給が大切な事についてご紹介しました。

インフルエンザ予防には水分補給が大切な理由は、免疫力をアップするためです。

また、ウイルスの侵入を阻止してくれる線毛の動きを活発にすることもできるからです。

このように普通の事に思える水分補給がインフルエンザ予防にも効果があることがわかりましたね。

インフルエンザが流行する時期には、しっかりとこまめな水分補給を心がけましょう。