インフルエンザで微熱が続く理由は?いつまで続くの?

冬はインフルエンザの季節ですが、ちょっと体調が悪くて病院で診察して貰ったら「インフルエンザ」と言われたけれど、睡眠もしっかりとれてるし、食欲もある。

そんな軽いインフルエンザにかかる人も多くなっていると言います。

インフルエンザの場合には、症状は軽くてもウイルスが体内にある状態なので通学通勤はできません。

高熱は1日だけでて、後は微熱が続くという症状を訴える人もいます。

このインフルエンザで微熱が続く理由はなんでしょうか?

今回は、気になるインフルエンザで微熱が続く理由やいつまで続くのかご紹介しましょう。

インフルエンザなのに微熱の理由は?

インフルエンザと言えば、一般的に高熱がでるというイメージが強いですよね。

では、インフルエンザでも微熱の可能性はあるのでしょうか?

実は、インフルエンザが発症しているとわかっても微熱しかないという人がいます。

そのほとんどは、予防接種を受けている事が多いのです。

インフルエンザが流行する前に予防接種を受けていた人は、インフルエンザに感染した場合も症状が軽くなることがあります。

ですから、インフルエンザにも関わらず高熱が出ずに微熱で終わるのです。

また、風邪薬の影響も考えられます。

インフルエンザの初期症状は風邪に似ているので、風邪だと思って市販の風邪薬などを飲んだ場合、インフルエンザの特徴的な症状である高熱を抑えていることも考えられます。

ですから、風邪だと思って風邪薬を飲んで微熱で収まっていても、実はインフルエンザウイルスに感染している可能性はあるのです。

さらに、インフルエンザの種類の違いによって高熱が出ない場合もあります。

インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があります。

とくにC型の場合には、感染力も他の型程強くないので、感染しても風邪だと思ってしまうこともあります。

毎年、流行するのはA型やB型ですが、とくにA型の場合にはインフルエンザの中でも最も猛威を振るいやすいので注意が必要です。

1f9f46b48fddfae99f58bcf0c8c74ec6_s

インフルエンザの微熱はいつまで続く?

では、このインフルエンザの微熱はいつ頃まで続くのでしょうか?

インフルエンザは、潜伏期間が1~3日で、そこから急激な高熱などの症状がでます。

一般的に高熱になる期間は1~3日程で、この期間も症状が軽い場合には高熱にならない場合があります。

また、高熱が落ちついて微熱になる場合もあります。

インフルエンザの症状自体は軽くても、体内にはインフルエンザウイルスがのこっている状態なので周囲への感染などに気をつけなくてはいけません。

インフルエンザウイルスは長期間体内で生き残り続けるのは難しいものです。

ですから、症状が軽いのに何日もインフルエンザの微熱が続くことはあまりありません。

インフルエンザによる微熱が長期間続く場合には、インフルエンザで免疫力が低下していて他のウイルスに感染して合併症を起こしている可能性があるので早めに病院を受診しましょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザで微熱でも病院に行く方がいいの?

インフルエンザであっても微熱なら病院には行かなくてもいいと考える方がいるでしょう。

でも、インフルエンザかもしれないという状況の場合には、病院で検査をしてもらいましょう。

なぜなら、インフルエンザウイルスの有無が確認できます。

自分がインフルエンザウイルスを保有しているかどうかは検査をしなくてはわかりません。

インフルエンザかどうかを確認することで治療方法も決められますし、感染拡大を予防できます。

また、インフルエンザを発症していた場合には、早期回復や完治をめざすことができます。

さらにインフルエンザではなかった場合でも症状に応じた適切な治療を受けることができます。

ですから、インフルエンザっぽい症状がある場合には、一応病院に行ってみると良いでしょう。

インフルエンザでも微熱で病院にいかない場合のケアは?

とはいえ、微熱だから病院には行かないという方もいるかもしれません。

そんなときは、免疫力を上げて自然治癒させるしかありません。

実は、インフルエンザに感染して病院で処方される薬でも症状の緩和を抑える働きはあるけれど、ウイルスを直接死滅させることはできないのです。

ですから、ウイルスを撃退するために免疫力を上げることが一番大切です。

その為には体温を上げましょう。

体温が1度上がると免疫力がぐっとあがります。

体を温めて免疫力をあげるようにしましょう。

また、睡眠もとても大切です。

ゆっくりとリラックスして睡眠をたっぷりとるようにしましょう。

fotolia_76282090_subscription_monthly_m-e1458272178653

栄養補給も大切です。

食慾があれば消化の良い物から少しずつ食事をして、ビタミンやミネラル、良質のたんぱく質などバランスよく取っていきましょう。

インフルエンザでも微熱が続く理由や続く期間についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザでも微熱の理由や対処法などについてご紹介しました。

最近ではインフルエンザの予防接種を事前に受けている方も多いですよね。

ですから、インフルエンザであっても微熱である人もいます。

この場合にも体内にはインフルエンザウイルスがある状態なので、むやみに外出したりして感染拡大させないように気をつけなくてはいけません。

インフルエンザと思われる症状がある場合には、微熱であっても検査をうけるようにしましょう。