インフルエンザにうつらないようにするには?うつりやすい人とそうでない人がいる?

冬といえば、インフルエンザの季節。

誰でもインフルエンザにかかると高熱や全身症状など辛い症状に悩まされます。

もちろん、インフルエンザには感染したくないというのは誰もが思っている事でしょう。

では、インフルエンザに絶対にうつらないようにする方法はあるのでしょうか?

さらには、インフルエンザにうつりやすい人とそうでない人がいるのでしょうか?

今回は、気になるインフルエンザにうつらないようにする方法やうつりやすい人の特徴などを御紹介しようと思います。

インフルエンザにうつらない方法は?

それでは、インフルエンザにうつらない方法ってあるのでしょうか?

結論から言えば、残念ながら100%インフルエンザにうつらない方法があるわけではありません。

とはいえ、少しでもインフルエンザがうつる確率を下げることができる方法は幾つかありますので、実践してみてはいかがでしょうか?

インフルエンザにうつらないということは、つまりインフルエンザウイルスを体内には入れないということです。

そこで、まずは無駄な人混みを避けることが大切です。

20151111-05127716

人混みでは、人と接触してしまいますから、だれかがインフルエンザウイルスをもっているとうつりやすくなってしまいます。

また、多くの人がいる場合にはだれがインフルエンザウイルスを持っているかはわかりませんから、避けることができません。

とくに電車やバスなどの公共交通機関は密室ですからかなりうつりやすいと言われています。

通学や通勤で公共交通機関を利用する人も多いですが、インフルエンザの時期にはマスクを着用するなどの対策が必要です。

つぎに手洗いをすることです。

Female washing Hands

インフルエンザウイルスは知らない間に手に付着して、その手で食事をしたりすることで喉から体内に入り込んでしまいます。

ですから、インフルエンザにうつらないようにするために、できるだけ頻繁に手洗いをするようにしましょう。

さらに、マスクを着用しましょう。

neckmask2

マスクをしていてもインフルエンザウイルス自体はマスクを通して入ってしまいますが、つけないよりはつけた方が確率を下げることはできるでしょう。

また、マスクを着用していることでむやみに口や鼻などに触れなくなるので手に付着したウイルスを吸いこむことを防ぐ効果もあります。

そして、室内では加湿することも大切です。

8d618a7720cf32690c2d1cf0477b8959

最近では加湿器の種類も増えてきて、さまざまな場所に加湿器が置かれるようになってきました。

インフルエンザウイルスは湿度50%から60%あると活動できないそうです。

ですから、加湿することでインフルエンザウイルスが生きにくい環境を作ることも大切です。

これらのことを取りいれて、できるだけインフルエンザにうつらない環境づくりをしていきましょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザにうつらないようにできること

インフルエンザにうつらないようにするために自分自身でできることはまだまだあります。

たとえば、喉を潤すこと

喉が乾燥しているとインフルエンザの好きな環境を与えていることになります。

ですから、のどの湿度もあげておくことが大切です。

とくに電車やバスなど通勤通学でうつりやすい環境の場合には、できるだけこまめに水分を補給したりしてのどを潤すようにしましょう。

水分を摂れない状況なら、飴をなめて唾液をたくさん出してもよいでしょう。

最近では濡れマスクも販売されていますので上手に活用しましょう。

また、こまめにうがいをすることも良いでしょう。

インフルエンザウイルスはのどに付着してから20分以内に体内に入ってしまいます。

20分おきにうがいをするのは難しいとは思いますが、できるだけ頻繁にうがいをすることが効果的でしょう。

ugai

インフルエンザにうつりやすい人うつりにくい人

では、実際にインフルエンザにうつりやすい人とうつりにくい人がいるのでしょうか?

実はインフルエンザは年間で1000万人がかかると言われています。

ですが、生まれてから一度もインフルエンザに感染したことがないという方もいます。

どのような人がインフルエンザにかかりにくいのでしょうか?

たとえば、ウイルスに対して耐性を持っている人やうまれつきかかりにくい人がいます。

耐性を持っているというのはインフルエンザ予防接種を受けているということです。

とはいえ、自分がかかりにくいかどうかは分からないと思うので、まずはしっかり予防をしていくことが大切でしょう。

インフルエンザにうつらない方法とうつりにくい人についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザにうつらない方法やうつりにくい人の特徴などを御紹介しました。

インフルエンザに生まれつきうつりにくければ嬉しいのですがそれはなかなか難しいですね。

うつりにくい方法としては、自分自身ができることなのでひとつひとつ取りいれていくことが大切でしょう。

とくに、普段から規則だたしい生活を送り、栄養バランスのとれた食事をとることで免疫力を高めることができます。

できるだけインフルエンザにうつらない為にも、普段の生活から見直してみるとよいでしょう、