インフルエンザの鼻水と風邪の鼻水の症状の違いや原因は?

冬はインフルエンザの季節です。

インフルエンザの時に鼻水が出るというイメージがあるという方は少ないでしょう。

でも、風邪といえば鼻水の症状があるというイメージもあるでしょう。

インフルエンザに関わらず、鼻水がでると気になって集中できなくなりますし、睡眠も十分にとれないことがあります。

では、インフルエンザの鼻水や風邪の鼻水の症状は違うのでしょうか?

今回は、そんな気になるインフルエンザと風邪の鼻水の症状の違いや原因についてご紹介しようと思います。

インフルエンザで鼻水の症状はあるの?

インフルエンザを発症すると、一番の症状と言えば急な発熱が思い浮かびます。

また、頭痛や筋肉痛、倦怠感などの全身症状もありますね。

インフルエンザにかかった時には、鼻水の症状がある人もいるのです。

一般的な風邪も鼻水の症状がありますね。

風邪の鼻水の症状の場合には、サラッとした水っぽい鼻水が出始めます。

113397

そして、鼻水が黄色や緑色にかわっていきます。

鼻づまりになってしまうこともありますね。

インフルエンザでも発熱のほか、鼻づまりやのどの痛みなども初期症状としてあります。

これは、一般的な風邪と同じような症状のためインフルエンザに感染したことに気づかない場合もあります。

インフルエンザの特徴は、急な発熱や全身の倦怠感などがあらわれることがあります。

急な発熱や倦怠感、筋肉痛などがある場合は、咳と発熱が同時に現れる場合にはインフルエンザの可能性が高いと考えられます。

インフルエンザに感染して発症しても鼻水や鼻づまりは後期になるほどひどくなる傾向があります。

アレルギー性鼻炎や花粉症の場合はサラッとした鼻水なので区別がつくでしょう。

インフルエンザの鼻水の対処法は?

[スポンサードリンク]

インフルエンザの症状として鼻水が出た場合にはどのように対処すればいいのでしょうか?

まず、大切なことは鼻水を取り除くことです。

鼻は、呼吸するだけでなく、ニオイを感じたり、湿度を調整したり、細菌やウイルスを取り除くことが大切になってきます。

つまり、鼻水やくしゃみがでるのは身体に必要な防御反応なのです。

じつは鼻水は、ウイルスにとっては栄養液です。

ですから、鼻水が出る場合にはしっかりと取り除かなくては、そこでウイルスが増殖してしまいます。

鼻水がでるのが嫌で詰め物などをするのは逆効果です。

もうひとつは、鼻を温めることです。

鼻を温めることで鼻の粘膜の血行が良くなります。

すると一時的にですが鼻づまりを解消することができます。

そこで鼻を温める方法としては、簡単で効果的な蒸しタオルを作ることです。

蒸しタオルを鼻に当ててゆっくりと呼吸すると鼻がすっきりするだけでなく、気分もリフレッシュするでしょう。

蒸すタオルをつくるのは難しくありません。

蒸しタオルの作り方は、電子レンジを使うことで簡単にできるのです。

タオルを濡らして絞ったら、ラップで包んで1分程電子レンジで加熱しましょう。

これだけで蒸しタオルが出来上がります。

また、お湯を洗面器に張って吸い込むことで同じような効果が得られます。

Woman with a sinus therapy bowl

さらに、鼻うがいもおすすめです。

鼻うがいは、インフルエンザだけでなく風邪予防にも効果があるのでお勧めです。
とはいえ、慣れないとちょっと難しいです。

鼻うがいは水道水ではなくて生理食塩水を使います。

そして、飲みこまないで出すことがたいせつです。

鼻うがいの上手な方法を知らいたい場合には、医師に相談してみるといいでしょう。

インフルエンザの鼻水の症状が続く場合は?

インフルエンザの鼻水の症状が続く場合には、どのようなことに注意しなくてはいけないのでしょうか?

鼻水を放っておくと他の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。

インフルエンザの場合にはウイルスが含まれていますので、鼻水の症状が続くことで合併症を起こしてしまうこともあります。

鼻水をかまないで吸ってしまうこともあるでしょう。

そうすると鼻水が耳まで達してしまい中耳炎を引き起こすことがあるのです。

鼻水のために口呼吸を続けていると、のどが炎症してしまうこともあります。

また、副鼻腔炎を発症することもあります。

この副鼻腔炎は頭痛がひどくなるので気づくかもしれません。

ちなみに副鼻腔炎とは、鼻の周りの骨である副鼻腔に炎症を起こしてしまい、鼻づまりや鼻水が出る病気です。

炎症が長引くと慢性化してしまうので気をつけなくてはいけません。

インフルエンザの鼻水と症状と風邪の鼻水の症状の違いについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの鼻水の症状と風邪に鼻水の症状の違いや対処法についてご紹介しました。

インフルエンザでも風邪の時のような鼻水の症状があります。

けれども、インフルエンザは鼻水が最初ではなくて、発熱のあとに鼻水の症状があることがほとんどです。
また、頭痛や倦怠感など他の症状もあるのでしっかりと風邪と見極めることができるでしょう。

インフルエンザで鼻水の症状がひどい場合には、温めたり、鼻うがいをしたりして少しでも楽になるように心がけましょう。

また、鼻水にはウイルスを含んでいますのでしっかりと袋に入れて密閉しておくことも大切です。