インフルエンザの解熱にバファリンを使うのは大丈夫?

冬になると、流行の言葉を耳にすることになるインフルエンザ。

自分ではしっかりインフルエンザ予防しているつもりでも、どうしてもどこかで感染してしまうことはあります。

インフルエンザは、潜伏期間はあまり長くありません。

けれども、発症する前に人に感染させてしまうこともあるので、自分が気づかないうちに人に移している可能性があるのです。

また、友人は元気そうで一緒にいても実はインフルエンザに感染していてうつってしまったなんてこともあるでしょう。

そんなインフルエンザの症状として一般的なものが突然の高熱や頭痛、筋肉痛などがあります。

これらの症状はかなりつらいものなので、とりあえず家にあった市販の解熱剤を飲もうと思う人も少なくないでしょう。

でも、市販の解熱剤なら何を飲んでもよいのでしょうか?

よくご家庭にあるバファリンをインフルエンザの時に飲むのは問題がないのでしょうか?

今回は、そんなインフルエンザとバファリンの関係についてご紹介しようと思います。

インフルエンザとバファリンの関係は?

バファリンと言えば、一般的にもご家庭に常備している方も多い解熱鎮痛剤です。

バファリンは、痛みどめや解熱剤として広く流通しています。

頭痛、歯痛、生理痛、のどの痛みなどにも効果が高いこと、効果が早いこと、胃薬の成分も配合されていることなどで、副作用も少ないと言われています。

このバファリンですが、現在ではさまざまな種類が販売されていることをご存知でしょうか?

バファリンA,バファリンプラスS、バファリンルナi、小児用バファリンなどがあります。

これらのバファリンの解熱剤成分は、アスピリンとイブプロフェンです。

このうち、インフルエンザの時にはアスピリンは摂取しない方がよいと言われています。

とはいえ、インフルエンザの解熱に使ってはいけないと禁止されている薬はありません。

どの薬も100%安全ということは実証されていないということです。

もちろん、避けた方が良いとされている成分はありますので、医師や薬剤師に聞いてみるとよいでしょう。

mig

インフルエンザ時のアスピリンは何が問題なのか?

では、インフルエンザの時にアスピリンを摂取しないようにした方がよいと言われているのはなぜでしょうか?

インフルエンザ時にアスピリンを摂取することが危険とされているのは、とくに小児に多いインフルエンザ脳症ライ症候群と呼ばれる重篤な症状を引き起こす可能性があるからです。

インフルエンザ脳症は、インフルエンザの合併症として知られています。

とくに、1,2歳の小児に多く、小児がインフルエンザにかかった杯にはごくまれに発症する病気なのです。

インフルエンザ脳症が発症すると、異常行動やうわごと、高熱や神経障害などが置きます。

そして、発症した人の約3分の1が死亡し、治った場合でも重い後遺症が残ることも多いと言われます。

インフルエンザ脳症は、大人になってからは症状がほとんどないので、合うピリンの副作用のアスピリン喘息などが発症しやすいといわれます。

ですから、大人もインフルエンザ時のアスピリンの接種は避けた方がよいでしょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザ時の解熱にはなにを使えばいいのか?

それでは、実際にインフルエンザに感染して辛い高熱の症状を楽にしたいと思ったら、どの解熱剤をしようすればいいのでしょうか?

インフルエンザに感染した場合、無理に熱を下げる必要はありません。

つまり、解熱剤は無理に飲まなくてよいのです。

悪寒が酷い場合には飲んだ方がよいでしょう。

もしも、解熱剤を飲む場合にはどれを服用すればよいのでしょうか?

まずひとつめは、イブプロフェンです。

イブプロフェンを主成分にした解熱鎮痛剤は、少量であればインフルエンザ時でも利用可能です。

バファリンのようにアスピリンと一緒に配合されている場合もあるので、十分に配合成分をチェックしてから飲まなくてはいけません。

イブプロフェンは眠くなる成分が含まれないので、仕事中などにも飲むことができるのです。

もう一つは、アセトアミノフェンです。

アセトアミノフェンは、とても穏やかな作用の解熱鎮痛剤です。

タミフルと同時に飲むこともできるので、子供でも安心して使うことができます。

小児用バファリンやカロナールに含まれています。

20090902011545

バファリンプレミアムなら使用可能

バファリンにはさまざまな種類がありますが、「バファリンプレミアム」というものもあります。

これの主成分は、イブプロフェンとアセトアミノフェン、無水カフェインなどです。

鎮痛効果や悪寒発熱時の解熱などに効果があります。

このバファリンプレミアムの場合は、アスピリンは含まれていませんのでインフルエンザ時でも服用することができます。

インフルエンザ時のバファリン使用についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの時の解熱にバファリンを使用していいのかという事についてご紹介しました。

解熱剤にはさまざまな種類がありますが、バファリンの主成分はアスピリン。

インフルエンザ脳症などの重篤な合併症を引き起こす可能性のあるアスピリンは服用しない方がいいという事です。

もし、インフルエンザで高熱がつらくて解熱剤を使用したいのであれば、医師に相談して処方してもらうのが一番でしょう。