インフルエンザの時、解熱にボルタレンを使うのはダメ?

冬になると大流行するインフルエンザ。

インフルエンザと言えば、38度以上の高熱がでることでも知られています。

高熱がでるとつらいくて苦しいので、早めに解熱したいと思って解熱剤を使う方もいるでしょう。

でも、ここでボルタレンという解熱剤を使うことは危険だと言われているのをご存知でしょうか?

今回は、インフルエンザとボルタレンの関係についてご紹介しようと思います。

インフルエンザのときの解熱剤は?

インフルエンザは、日本だけでなく世界的に流行するもので、突然変異を繰り返しながら日本でも猛威を振るうことはご存知の方が多いでしょう。

実は、インフルエンザには特効薬がありません。

もちろん、インフルエンザウイルスはアルコールなどで殺菌することはできます。

でも、完全な予防はできない状態なのです。

インフルエンザは感染してから48時間以内に抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザを飲むことである程度の治療が可能です。

そして、対処療法的には解熱剤も効果があると言われています。

ここで、自宅にある市販の解熱剤ならどれでもいいと思って、飲んでしまっては危険です。

インフルエンザの時には、解熱剤の利用には慎重にならなくてはいけないのです。

通常は頭痛などで使用される解熱鎮痛剤。

インフルエンザの時には急性脳症という症状を引き起こす可能性があるのです。

voltaren

ボルタレンはインフルエンザ時には使用しない

解熱剤の中にボルタレンというものがあります。

このボルタレンについては、厚生労働省インフルエンザ脳炎・脳症研究班が、「インフルエンザ脳症・脳炎の患者にはボルタレンを処方しない」と発表しています。

ボルタレンの販売元も同じような発表を出しています。

なぜなら、インフルエンザ脳症や脳炎の重症化に、ジクロフェナクナトリウムつまりボルタレンが関与している可能性があるとされているからです。

インフルエンザの解熱のためにボルタレンを飲んだ場合に、脳症が起きると重症化の危険性があるのです。

[スポンサードリンク]

ボルタレンとインフルエンザ脳症の関係は?

インフルエンザ脳症をご存知でしょうか?

インフルエンザ脳症は、インフルエンザの合併症のひとつです。

発症すると進行が速くて、インフルエンザの高熱の症状の後、数時間から1日程度の間に意識障害や神経障害が見られます。

インフルエンザ脳症での致死率は約10%弱ですが、発症した子供の25%に後遺症が残るともいわれています。

ですから、インフルエンザの合併症の中ではとくに重篤な疾患とされています。

インフルエンザ脳症の発症の8割以上は5歳までの幼児です。

けれども、子供だけの疾患というわけでもありません。

インフルエンザに感染した場合には、どのタイミングでインフルエンザ脳症を発症するかはわかりませんから、インフルエンザ発症した時点でボルタレンは避けた方がよいでしょう。

とくに子供はボルタレンをつかわないこと

インフルエンザに感染したとわかったら子供は絶対にボルタレンを使わないこととしましょう。

ボルタレンの注意事項として、小児のウイルス性疾患の患者には投与しないことを原則とするとされています。

この小児のウイルス性疾患とはインフルエンザや水痘のことです。

小児科を受診するとアセトアミノフェンを成分としたカロナールやアルピニー坐剤が解熱剤として処方されます。

ですから、ボルタレンを使うことはないでしょう。

もしも自宅にボルタレンがあっても子どもには絶対に飲ませないようにしましょう。

shutterstock_149857373-480x320

大人でもインフルエンザの場合にはボルタレンを避けること

インフルエンザの罹った時にボルタレンを子供に飲ませないということはわかりましたね。

でも、もちろんできれば大人もインフルエンザの場合にはボルタレンを服用しない方がいいのです。

インフルエンザ脳症は子供に多い疾患です。でも大人もインフルエンザ脳症になる確率はゼロではありません。

インフルエンザ脳症がいつ発症するか、わからないのでリスクを避けるためにもボルタレンの服用は避けるとよいでしょう。

間違えてボルタレンを飲んでしまったとしても、直ちにインフルエンザ脳症を発症するわけではありませんが、もしボルタレンを飲んでしまったら、早めに医師に相談しましょう。

インフルエンザの時に使える解熱剤は?

では、実際にインフルエンザに感染した場合には、どの解熱剤を使えばよいのでしょうか?

インフルエンザで高夏の時に解熱心痛成分でしようできるのはアセトアミノフェンです。

これは、年齢を問わずに使用することができます。

成人なら、イブプロフェンやロキソプロフェンもしようが可能です。

けれども、基本的にはインフルエンザで受診すると医師から抗インフルエンザ薬と解熱剤が処方されるでしょう。

医師から処方されたものをしっかりち用法容量を守ってのむことが一番良いでしょう。

インフルエンザの時のボルタレン使用についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの時に解熱剤としてボルタレンを使用していいのかという事についてご紹介しました。

インフルエンザに感染すると、インフルエンザ脳症発症の可能性がないわけではありません。

もしも、インフルエンザ脳症が発症した場合にボルタレンが原因で重症化する可能性があるという事なので避けておきたいですね。

子どもはもちろん、大人もできればボルタレン服用は避けた方が良いので、医師に解熱剤については相談してみるとよいでしょう。