一人暮らしの人がインフルエンザにかかった時の対処法は?

大学生や社会人となって一人暮らしを始めたという方は多いと思います。

自分だけの場所ができることってとってもうれしいことですよね。

でも一人暮らしだと困るのは病気をしてしまった時です。

とくにインフルエンザは病院で検査をしてもらい、しっかりと治療をして、栄養を整えなくてはいけません。

でも、高熱がでるインフルエンザは病院に行くのも大変だし、自分であれこれ買い物するのだって大変ですね。

そこで、今回は一人暮らしの人がインフルエンザにかかった時の対処法についてご紹介しようと思います。

一人でインフルエンザで寝込んだら食事はどうするの?

インフルエンザだけでなく風邪などで1人で寝込んでしまうことがありますね。

そんなときは、食事などはどうしたらいいのでしょうか?

家族がいれば、寝込んでしまうと家族が料理を作ってくれますね。

でも一人暮らしの場合には、1人で寝込むことになるので心細いでしょう。

そんなとき、食欲がなければ食べなくても大丈夫です。

寝込んだ時には栄養のあるものをたべなくてはいけないと考える人が多いですね。

でも、食欲がないならば無理に食べなくていいんです。

発熱した時に食欲が落ちてしまうことがあるのは、ウイルスと闘っている免疫系が食欲をつかさどっている自律神経に影響してしまうからです。

実は私たち人間は、寝込んで2,3日食べなくても体は回復できるようになっています。

ですから、食べないと回復が遅れると心配しなくても大丈夫です。

[スポンサードリンク]

インフルエンザで1人で寝込んでも水分補給はこまめに

インフルエンザで寝込んでいる時に食欲がなければ、無理に食べることはありません。

けれども、水分補給はとても大切ですのでこまめに行わなくてはいけません。

インフルエンザで寝込んでいるときには高熱がでます。

そこで水分が奪われてしまいます。

一番減るのは水分です。

食事をしている場合には、食品の中にも水分がありますので意識しなくても水分をしっかり摂取できています。

けれども、インフルエンザで食欲がなく食事をしていない場合には、水分不足になりがちです。

発熱で発汗していると、体は普段以上に多くの水分を失われてしまうので、脱水症状などを起こさないようにしっかりと水分補給をしましょう。

Close-Up Of Water Pouring In Glass

とりあえずそろえたい食材は?

ご紹介したようにインフルエンザに感染したら、まずは水分補給をしっかりすることが大切です。

つぎに食欲があれば栄養を摂るようにしましょう。

そこでどのような食材をそろえておけばよいのでしょうか?

必要な食材は、栄養バランスを整えること、ビタミンを摂ること、暖かいものを摂ること、腸内環境を整える事が大切です。

そこで1人暮らしの場合には、レトルトのお粥や雑炊、自分で料理できそうならうどんや湯豆腐などを作れるものを用意しておきましょう。

腸内環境を整えて免疫力をつけるのはヨーグルトや納豆、味噌汁もよいでしょう。

水分補給には、水やスポーツドリンク、経口補水液などがオススメです。

これらの食材を外出して買い物することはもちろんできませんね。

けれども、現在はネットスーパーがありますので、パソコンやスマホから注文すれば当日か翌日には届けてくれます。

もちろん、家族や友人など頼れる人がいる場合には看病をお願いするのが一番いいでしょう。

influenza-meal

どうしても自分で買い物しなくてはいけない場合は?

インフルエンザに感染していても、だれにも買い物を頼めなくて、自分で買い物に行かなくては行けない場合はどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

まずは、何処に行って何を買うかをしっかり決めてから出かけましょう。

最低限必要なものを購入するようにします。

外出する際にも注意しなくてはいけないことがあります。

必ずマスクをつけて、上から下まで完全防備をして体が冷えないようにします。

感染を防ぐために、できるだけ人が少ない時間に行くようにしましょう。

歩けない場合にはできるだけ近いコンビニなどでもよいですし、タクシーを呼んでもいいでしょう。

できるだけ無理をしないで、速やかに買い物を済ませるのがポイントです。

f1e69ba41aa47cbecb062779a9edfadc

インフルエンザを治すことでに自分でできることは?

食欲がない時には無理せず、水分補給だけはしっかりとすること。

汗を掻いたらこまめに着替えを行うこと。

部屋の換気を行って衛生的に室内をたもつことや処方された薬は指示どうりにしっかりと服用すること。

このような最低限のできることはしていきましょう。

1人暮らしでインフルエンザに感染した場合の対処法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、1人暮らしの人がインフルエンザにかかってしまった時の対処法についてご紹介しました。

インフルエンザって高熱や全身症状で辛いのに、1人だとだれも看病してくれないし、食べるものも飲むものもないと回復が遅くなってしまいます。

そんな時のために、最低限の食材や飲み物はいつも保存しておきたいものです。

でも、最近はネットスーパーなどパソコンやスマホから頼むだけで自宅まで届けてくれるサービスもありますので上手に利用するとよいでしょう。

1人であっても水分補給や最低限できることはしなくてはいけません。

それでこそ、早くインフルエンザから回復することができるのです。