インフルエンザによって扁桃腺炎になることはあるの?

風邪などで扁桃腺が腫れていると医師に言われたことがある人は少なくないでしょう。

一般的には扁桃腺と呼ばれているのは、扁桃腺が細菌やウイルスによって炎症を起こしてしまう病気で扁桃腺炎や扁桃炎と呼ばれます。

この扁桃腺炎はインフルエンザに症状が似ているということで見分けがつきにくいともいわれています。

また、インフルエンザが原因で扁桃腺炎になることもあると言います。

今回は、そんな見分けがつきにくいインフルエンザと扁桃腺炎について、その違いや対処法をご紹介しようと思います。

扁桃腺炎とはどんな症状なの?

扁桃腺炎は、40度近い高熱や激しいのどの痛み、悪寒や関節痛、倦怠感などの症状があります。

これらのほとんどがインフルエンザの症状に似ています。

インフルエンザの症状との違いといえば、インフルエンザは倦怠感から急な発熱に至るのですけれど、扁桃腺炎では初期の状態でも激しい喉の痛みがあるのが特徴と言えます。

扁桃腺炎は、のどの奥にある扁桃腺が炎症を起こしているのでのどの痛みや違和感がまずはじめにあって、唾液さえも飲み込めないほどの激しい痛みを感じるようになります。

ですから、インフルエンザのような症状があった場合、まずのどの痛みがあるかどうかを確認してみるといいでしょう。

発熱していて、物を飲み込めないほどの激しいのどの痛みがある場合には扁桃腺炎の可能性が高いでしょう。

インフルエンザと扁桃腺炎の症状の違い

扁桃腺炎の治療はどのように行うのか?

扁桃腺炎は、よくある病気なので放っておけば治るだろうと思う人も多くいます。

けれども炎症が広がって扁桃の周囲に膿がたまることもあって、扁桃周囲膿腫になったり、呼吸困難になったりすることもあります。

ですから、早めに耳鼻咽喉科か内科を受診しましょう。

扁桃腺炎の治療はどのようくするのかと言いますと、基本的には抗生物質の服用とのどの消毒や鎮痛解熱剤が処方されます。

2日程安静にしていれば症状がよくなることが多いです。

けれども、症状が落ちついても一度感染した扁桃炎の細菌は、基本的には混雑できないので再発率の高い病気ともいわれています。

扁桃腺炎を1年に何度も繰り返すようなら、手術治療となることもありますので気を付けましょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザと扁桃腺炎を併発することがあるのか?

インフルエンザと扁桃腺炎はその症状が似ていることで間違えやすい病気でもあります。

では、その二つを併発してしまう可能性はあるのでしょうか?

結論から言いますと、インフルエンザと扁桃腺炎は併発する可能性があるということです。

インフルエンザに感染している状態も、扁桃腺炎にかかっている状態も体力を奪われて免疫力が落ちている状態です。

溶血性連鎖球菌や黄色ブドウ球菌、肺炎双球菌といった扁桃腺炎の原因になる菌は常在菌なので免疫力が落ちている時に扁桃腺炎を引き起こす原因ともなるのです。

ですから、インフルエンザだから扁桃腺炎ではないとか、扁桃炎炎だからインフルエンザではないという事はないのです。

インフルエンザの治りかけの状態は体力が落ちているのに、体調がよくなってきているので油断しがちです。

そんな時に扁桃腺炎のような病気を併発してしまうことが多いのです。

nodo3

扁桃腺炎を予防する方法はあるの?

扁桃腺炎は、風邪や疲れ、のどの乾燥などが原因と考えられます。

さらに扁桃は細菌が入りやすい穴が表面にたくさんあります。

そこは細菌の巣になりやすくて、感染源になってしまうこともあるのです。

これを繰り返すと大人になっても炎症が続いてしまうことがあります。

これは慢性扁桃炎といわれます。

扁桃に病原菌が常にいるような場合、疲労による抵抗力の低下などによって扁桃炎を再発してしまううのです。

そこで、風邪をひかないようにすることが大切です。

インフルエンザの季節だけでなく、普段から手洗いうがいを心がけ、十分な睡眠も大切です。

また、疲れをためないようにビタミンCを積極的に摂取することもオススメです。

喉の乾燥を防ぐためには普段からマスクを着用するようにしましょう。

1日に1.5リットル程度の水を飲むことでのどの乾燥を防ぐこともできます。

これらはインフルエンザ予防にも効果的ですので、インフルエンザ予防としても日常的に意識するとよいでしょう。

Young woman drinking glass of water.

インフルエンザ予防もしましょう

もちろん、インフルエンザと扁桃腺炎どちらが先になるかわかりませんからインフルエンザ予防もしっかり行いましょう。

インフルエンザ予防に一番効果的と言われているのは予防接種を受けることです。

また、インフルエンザが流行する季節には人混みや繁華街へはあまり出かけないようにしましょう。

インフルエンザと扁桃腺炎についてのまとめ

いかがでしたか?

今回はインフルエンザと扁桃腺炎についてご紹介しました。

どちらも同じような症状であるということはご存知だった方は多くなかったかもしれません。

インフルエンザのような症状があれば、どちらにしても病院にいきますから、そこでしっかりと検査して貰えば分るでしょう。

また、普段から扁桃腺炎になりやすいという方は、インフルエンザの季節にはとくに注意が必要ですね。