インフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎との違いについて知りたい!

冬が来ると「流行」の言葉を耳にするインフルエンザ。

インフルエンザは、高熱が出て、倦怠感や筋肉痛などの全身症状もあるので辛いと言われます。

そんなインフルエンザにはできるだけかかりたくないのでさまざまな予防法を取りいれている方も多いでしょう。

とはいえ、インフルエンザにかかってしまう可能性は誰にでもあるのです。

そして、インフルエンザは合併症を起こすこともあります。

その合併症のひとつがインフルエンザ脳症です。

インフルエンザ脳炎というものを聞いたことがある方もいると思いますが、このインフルエンザ脳炎とインフルエンザ脳症とはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、インフルエンザ脳症について、詳しくご紹介しようと思います。

インフルエンザ脳症とは?

インフルエンザは、粘膜にインフルエンザウイルスが付着して、それが増殖することで発症します。

このウイルスは、血液を通して全身に巡るのですが、それが稀に脳にまで侵入してしまっているとみられるのがインフルエンザ脳症です。

でも、実は脳にはウイルスが検出されないことが多いのです。

インフルエンザに感染すると、ウイルスを異物とみなすことで血液中で白血球が増えてウイルスを除去しようとします。

このとき白血球がウイルスを攻撃するのにさまざまな物質が出てきます。

これらは普段は私たちの体の細胞の機能を調節するために働いていますが、インフルエンザウイルスが大量に血液中にあると、これらの物質が過剰に出ることでアレルギー反応を起こすことがあるのです

これがインフルエンザ脳症の原因となることもわかっています。

インフルエンザ脳症の原因としては、ウイルスの量、体質、その時の体調なども関係してきています。

326

インフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎の違いは?

それでは、インフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎はどのような違いがあるのでしょうか?

実は、インフルエンザ脳症もインフルエンザ脳炎は似たような症状のために判別するのが難しいといわれています。

インフルエンザ脳症の場合には、脳にインフルエンザウイルスが侵入していないことが多いのですが、インフルエンザ脳炎の場合には、インフルエンザウイルスが脳に侵入してしまっています。

これが大きな違いなのです。

どちらの場合でも同じような脳の炎症ですが脳炎よりも脳症の方が重症化しやすいともいわれます。

国立感染症研究所がインフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎の診断、治療についてガイドライン[PDFファイル]を作成していますので、ご参考下さい。

[スポンサードリンク]

インフルエンザ脳症にかかる確率はどのくらい?

では、インフルエンザに感染した人がどれくらいの割合でインフルエンザ脳症になるのでしょうか?

季節性のインフルエンザに感染した人でインフルエンザ脳症になるのは年間100~200人と言われています。

インフルエンザによって脳炎や脳症にかかるのは全体の1万分の1ほどで、他の病気から脳炎や脳症にかかる割合と比べると少ないです。

また、インフルエンザ脳症でなくなる方の割合は1~2割、そして3~4割に知的障害やてんかんなどの後遺症が見られると言われています。

ha-headache

インフルエンザ脳症の症状は?

インフルエンザ脳症になった場合、どのような症状があるのでしょうか?

インフルエンザ脳症は、主に5歳以下の子供が発症することが多いといわれています。

けれども、まれにですが大人が発症することもあります。

子供も大人も重症化する可能性のある危険な病気なのです。

症状としては、大人も子供も同じで意識障害やけいれん、異常な言葉を発したり、異常行動なども見られます。

このようなインフルエンザ脳症を防ぐために、大人も子供もインフルエンザになった時にアスピリン系の解熱剤は避ける必要があります。

インフルエンザ脳症にならないために出来ることは?

重症化すると命に関わるインフルエンザ脳症。

重症化すると進行が早いので早めに見きわめなくてはいけません。

一番の予防法としては、インフルエンザにならないこと!

インフルエンザにならない為には、予防接種を早めに受けておくこと、流行しはじめたら人が多い場所にはできるだけいかないこと。

帰宅後は、手洗いうがいや歯磨きなどでウイルスを洗い流すことと言われます。

151124_typeainfluenza-handwash

また、インフルエンザに感染してしまった場合は、抗インフルエンザ薬を処方してもらいインフルエンザウイルスの増殖を抑えることが大切です。

インフルエンザ脳症と思われる様な症状がでたら、できるだけ早く受診しましょう。

インフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎の違いについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの流行の季節にむけて、気になるインフルエンザ脳症についてご紹介しました。

インフルエンザ脳症とインフルエンザ脳炎があるのはご存知でしょうか?

とくに重症化しやすいと言われているインフルエンザ脳症は気をつけなくてはいけないことが分かりましたね。

とくに小さいお子さんがインフルエンザ脳症になる可能性があるのですが、もちろん大人でもまれにインフルエンザ脳症になることがあります。

自己判断で市販の薬を飲んだりせずに、自分の体調がおかしいと感じたら早めに受診しましょう。

インフルエンザ脳症にかかることを予防するためにはインフルエンザにかからないことが一番です。

インフルエンザが流行する季節になったら、できるだけ予防法を取りいれて予防するようにしましょう。