インフルエンザ予防に緑茶が効果的って本当?

バタバタと忙しい年末から年始、そして2月、3月頃まで流行するインフルエンザ。

できれば、インフルエンザには感染したくないという事で、さまざまな予防法を試みている方も少なくないでしょう。

とくに一番予防効果があると言われている予防接種は、毎年受けている方も少なくないと思います。

でも、インフルエンザの予防接種を受けたからと言って100%インフルエンザに感染しないわけでは無いのです。

そこで、自宅でもできる予防法を取りいれてみたいと思いますね。

今回は、そんなさまざまな予防法の中でも気になる緑茶の効果についてご紹介しようと思います。

緑茶でインフルエンザ予防が可能?

皆さんは、緑茶でインフルエンザ予防ができると知っていましたか?

そんなことは知らずに毎日緑茶を飲んでいたという方もいるでしょう。

実は、緑茶を飲むとインフルエンザに感染する確率がさがると言われています。

その発症率は46パーセント減なんです。

アメリカのある栄養学専門誌によると、2000人ほどの子どもを対象に研究した結果、1日1~2杯緑茶を飲むとインフルエンザの発症率が38%、1日3~5杯の緑茶を飲むと46%減少するという結果がでました。

さらに、緑茶を飲むだけでなく、緑茶でうがいをすることも効果的と言われています。

これは日本の大学の研究ですが、緑茶でうがいをつづけた子供の7割程度が風にかかりにくくなったという結果がでているそうです。

うがいをしなかった子供に比べて、発熱疾患にかからなかった割合が緑茶うがいの場合が最も高く、つぎにイオン水などの機能水、食塩水、水道水となっているようです。

ですから、お茶どころの静岡県では県内の小学校で緑茶うがいを積極的にとりいれているそうです。

detail330_img06

緑茶のなにがインフルエンザに効果があるの?

ではなぜ、緑茶を飲んだり、緑茶でうがいすることがインフルエンザ予防に効果があるのでしょうか?

これは、緑茶に含まれるカテキンとテアニンという成分がインフルエンザ予防に効果がある可能性があるそうです。

カテキンとはポリフェノールの一種で、ウイルスが細胞に吸着することや細胞内でウイルスを増殖させることを邪魔する働きがあるそうです。

さらに、テアニンはアミノ酸の一種で免疫力を高める効果があると言われています。

ですから、この二つがインフルエンザ予防に効果があるということです。

さらに、インフルエンザといえば、季節性と新型がありますね。

この緑茶によりインフルエンザ予防の場合には、季節性や新型問わずに効果を発揮してくれるのが嬉しいですね。

また、とくに暑いお茶や冷たいお茶といった制限はありません。

どちらでもカテキンの作用は変わらないので、お好みやその日の体調に合わせて飲めるのも魅力です。

[スポンサードリンク]

カテキンが多く含まれるお茶ってあるの?

緑茶を毎日飲むだけでインフルエンザ予防ができるなら、うれしいですね。

とくに毎日飲むのが習慣という人はそれでいいということです。

でも、せっかく飲むならできるだけカテキンを多く含むお茶がのみたいですよね。

カテキンは、発酵具合によって、その含有量に差が出てきます。

発酵の過程で出来ているウーロン茶や紅茶よりも、緑茶の方が多くカテキンを含んでいると言えます。

とはいえ、普段から緑茶よりウーロン茶を飲むという事は、上手に取り入れていくと良いでしょう。

tea ceremony

ヨーグルトもインフルエンザウイルスに効果的

最近では、ヨーグルトもインフルエンザに効果的ということも言われています。

とくにヨーグルトの場合には、カスピ海ヨーグルトや明治乳業のR-1という商品を食べることでインフルエンザの予防効果が上がったと報告されています。

お子さんの場合には、緑茶を飲む機会があまりないかもしれません。

お茶は苦手という方も代わりにヨーグルトを食べることを習慣としてみてはいかがでしょうか?

緑茶やヨーグルト以外の予防食品

ほかにも、インフルエンザ予防に効果があるといわれているものはあります。

たとえば、普段の食事は栄養バランスのとれているでしょうか?

バランスが取れた食事を心がけることは、体の抵抗力を高めますのでインフルエンザ予防にもなります。

76

とくに、タンパク質とビタミンが体内で免疫細胞を作っているといわれていますから、毎日の食事に積極的に摂りいれたいものです。

タンパク質の多い食材としては、アジやサバ、さんまといった魚類、肉、卵、牛乳です。

ビタミンは、トマトやほうれん草、大豆、アーモンドで摂取できます。。

タンパク質とビタミンをバランスよく摂取して、免疫力を高めてインフルエンザにかかりにくい丈夫な体を作っていきましょう。

緑茶がインフルエンザ予防になることについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、緑茶がインフルエンザ予防になることについてご紹介しました。

普段から緑茶を多く飲む習慣があるかたも多いでしょう。

もしかしたら、インフルエンザにはかかったことがないかもしれません。

知らず知らずの習慣がインフルエンザ予防になっていたのかもしれないのです。

このほかにも普段から普通に食べることができる予防食材はいろいろあります。

自分の生活に合わせて上手に取りいれて、インフルエンザ予防に活用したいですね。