インフルエンザによる関節痛の原因と対処法が知りたい!

冬になると大流行するインフルエンザ。

感染するとさまざまな症状に悩まされて辛いですね。

なかでも急な高熱が一般的な症状として知られていますが、他に全身症状などもあります。

その一つが関節痛です。

でも、なぜインフルエンザによって関節痛が起こるのでしょうか?

今回は、そんな気になるインフルエンザの関節痛の原因や対処法についてご紹介しようと思います。

インフルエンザによる関節痛の原因は?

インフルエンザに感染すると、関節痛や筋肉痛と言った痛みを感じる人も少なくありません。

じつはこの痛みは、インフルエンザウイルスが起こしているのではないのです。

インフルエンザによる関節痛や筋肉痛は、体に侵入してきたインフルエンザウイルスを撃退しようとする免疫機能が働いていて、その時に分泌される物質が関節で炎症を起こして、痛みの原因となっています。

ですから、免疫機能の副作用といってもいいわけです。

つまり、体内の分泌物質によって一時的に関節が痛むという状態です。

インフルエンザによる関節痛でとくに出やすい場所があるわけではありません。

免疫機能による痛みですから、体のどこにでてもおかしくないと言えます。

[スポンサードリンク]

インフルエンザによる関節痛と普通の関節痛の違い

インフルエンザによる関節痛もありますが、普通に関節痛がある場合もあります。

普通の関節痛はその原因がさまざまです。

そこで代表的な関節痛についてご紹介しましょう。

20143003-2

1.変形性関節痛

 変形性関節痛は、加齢とともに弱くなってきた関節の軟骨が擦り減ったり、ひどい場合にはかけたりして炎症が起こり痛みが生じます。

 とはいえ、普通にしている時はとくに痛みは感じないことも多く、体重をかけたり動き始める時に痛いという事があります。

 とくに加齢による筋肉の衰えも伴って、膝に関節痛がでることが多いようです。

2.関節リウマチ

 関節リウマチは自己免疫疾患で通常の免疫機能はウイルスが体内に侵入するのを防いだりウイルスを排除する働きがあります。

 けれども、この機能が自分自身の身体に攻撃をしてりまうことが自己免疫疾患です。

 ですから、自分の免疫機能が自分の関節部分を攻撃することで炎症を起こして痛みがでるのです。

 この関節リウマチは、良い時と悪い時を繰り返すのですが、延焼による痛みが多い伊野で動かすとひどい痛みがあったりします。

3.運動による関節障害

 中高年の方や激しい運動をしている方によく起こる関節痛で、スポーツによる負担が変形性関節症になったり、靭帯などを傷めて炎症を起こして関節痛になることがあります。

インフルエンザによる関節痛の期間はいつまで?

インフルエンザが原因の関節痛は、インフルエンザの症状が治まってくると自然に和らいできます。

免疫機能の副作用として関節痛になっているので、体内のインフルエンザウイルスが少なくなれば症状も落ち着いてくるのです。

一般的にインフルエンザは3~7日程度で治癒すると言われています。

ですから、関節痛も同じように1週間程度で改善されることが多いでしょう。

インフルエンザが治っても関節痛がのこっている場合には、別の病気の可能性もあるので早めに医師に相談するとよいでしょう。

11373-1

インフルエンザによる関節痛の対処法は?

それでは、実際にインフルエンザによって関節痛がある場合のはどのように痛みを緩和することができるのでしょうか?

じつは、インフルエンザによる関節痛は安静にしていて治るというものではありません。

とはいえ、インフルエンザウイルスを撃退する為に免疫機能が活動している証拠ですからどうすることもできません。

どうしても痛くて眠れないなどのひどい症状の場合には、痛い患部を保冷剤などで冷やしましょう。

インフルエンザの免疫機能によって炎症を起こしている状態ですから、冷すことで血管を縮めて炎症を落ち着かせることができます。

炎症が落ちつくと痛みも和らぎます。

それでも痛みが治まらない場合や我慢できない痛みがある場合には鎮痛剤を使ってもいいでしょう。

ロキソニンが一般的ですが、ロキソニンは腎臓に負担がかかりますので、少し注意が必要です。

ただ、インフルエンザの時は鎮痛剤はものによって合併症を引き起こすことがあるので病院で処方してもらうのが一番です。

病院ですと、カロナールが処方される場合もあります。

自己判断で市販薬を購入して飲むのが不安な方は病院で相談してみましょう。

498710761

インフルエンザによる関節痛の原因や対処法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザによる関節痛の原因やその痛みを和らげる方法についてご紹介しました。

記事でもご紹介したようにインフルエンザによって関節痛があるのは、ウイルスと闘っている証拠ともいえます。

ですから、インフルエンザが回復するにつれて痛みもなくなります。

けれども、どうしても痛くて我慢できない場合には、いくつかの対処法がありますので取りいれてもよいでしょう。

ひどい関節痛を我慢することでゆっくり体を休めることができずに、インフルエンザ自体が長引いてしまっては意味がありませんので、あまりにひどい時は医師に相談しましょう。