インフルエンザ予防にヨーグルトが効果的な理由とおすすめの食べ方!

冬に大流行するインフルエンザ。

高熱や全身の倦怠感や筋肉痛など比較的辛い症状がつづくインフルエンザ。

できれば、インフルエンザには感染したくないのでさまざまな予防法を試みている方も多いでしょう。

そこでインフルエンザ予防にはヨーグルトが効果的ということを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

あさイチ!やとくダネ!でR-1ヨーグルトがインフルエンザ予防に効果的であると紹介されて話題になりました。

なんでも佐賀県の小学校の生徒はR-1ヨーグルトを毎日飲んでいたおかげで誰一人インフルエンザにかからなかったのだそうです。

ブームになった時はスーパーでも品薄状態でなかなか買うことができない状態になっていましたね。

では、どのようにインフルエンザ予防にヨーグルトを取りいれていけばよいのでしょうか?

今回は、インフルエンザ予防のためのヨーグルトについてご紹介しようと思います。

インフルエンザ予防にヨーグルト

インフルエンザを予防する方法はいろいろあります。

とくにインフルエンザの予防接種を受けることで感染を予防できるほか、感染しても症状が軽く済むということで毎年インフルエンザの予防接種を受けている方は多いでしょう。

そして、食事からもインフルエンザ予防をすることができます。

最近、とくにインフルエンザ予防に効果があるとして注目されているのがヨーグルトです。

インフルエンザを予防するには身体の免疫力を高めておくことが大切です。

そこで毎日の食事でも免疫力を高めてくれる食材をセレクトすることがよいのです。

なかでも手軽でだれにでも始めやすいものとしてヨーグルトが注目されています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、免疫力に作用すると言われる乳酸菌、LG21、R-1などを積極的に摂取るとよいでしょう。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6-%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%88

インフルエンザ予防にはR-1乳酸菌がおすすめ

ヨーグルトにはさまざまな種類がありますが、中でもR-1乳酸菌が予防効果があるとされています。

このR-1乳酸菌は正式名称が乳酸菌1073R-1株といいます。

これはヨーグルトの主要成分のひとつであるブルガリア菌の一種です。

そのR-1乳酸菌の特徴がNK細胞を活性化することです。

NK細胞とは、免疫システムを構成する細胞のひとつで、他の免疫細胞以上に外敵の侵入への反応が速く攻撃性が強いのです。

ですから、免疫システムの中でもとくに重要視されています。

これはウイルスを防ぐには必要な制帽なのです。

この免疫効果をアップするR-1乳酸菌ですが、継続的に摂取することで風邪にかかるリスクを軽減できるといわれています。

ウイルスの代表でもあるインフルエンザの抑制効果も期待できるのです。

ですから、インフルエンザや風邪が流行する季節には積極的にR-1乳酸菌を摂取したいものです。

[スポンサードリンク]

インフルエンザ予防にLG21も効果があるの?

では、LG21はインフルエンザ予防に効果があるのでしょうか?

LG21は、直接インフルエンザに作用があるわけではありません。

けれどもLG21の腸の調子を整える効果によって免疫力アップにも効果があることも期待できます。

また、LG21乳酸菌を含むヨーグルトは甘さが控え目でさっぱりしているので食べ易く毎日つづけやすいです。

そこで、腸内環境を整えることで体を健やかに保つこともできるので、ぜひ毎日摂取したいものです。

20140308-35

インフルエンザ予防に効果的なヨーグルトの摂り方

では、インフルエンザを予防するためにはどのようにヨーグルトをたべればいいのでしょうか?

まずは、夜ヨーグルトを食べてぐっすり眠ることで免疫力がアップします。

睡眠不足のひとはインフルエンザにかかりやすいと言われています。

そこでヨーグルトを食べることでヨーグルトに含まれる睡眠成分がはたらいて安眠できるでしょう。

1日の摂取量は100gから始めましょう。

乳酸菌を効果的に摂取するには、継続することが大切です。

ですから、無理しないで100gぐらいから毎日食べるようにすると良いでしょう。

1日の量が多くても継続できないと意味がありません。

継続できる量で続けることが大切です。

インフルエンザ予防にはいくつかをあわせて

インフルエンザ予防にヨーグルトが効果的ということはわかりましたね。

けれども、ヨーグルトを摂取していればかならずインフルエンザにかからないわけではありません。

ですから、できることなら予防接種や手洗いうがい、マスクの着用などいくつかのインフルエンザ予防法を合わせて行うことでより効果を期待できるでしょう。

とくにインフルエンザの予防接種は2回接種することでかなり高い効果が期待できると言います。

ですから、とくに問題がない場合には、インフルエンザ予防接種を受けておくと安心ですね。

インフルエンザ予防とヨーグルトの関係まとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防とヨーグルトの関係についてご紹介しました。

インフルエンザ予防には予防接種というイメージがありますね。

もちろん、予防接種が効果的なのですが体の中からもインフルエンザを予防することができます。

そこで取りいれたいのがヨーグルトなどの効果的な食材です。

毎日の栄養バランスのとれた食事に加えて、ヨーグルトを食べることでより免疫力をアップすることができるなら毎日の習慣にしたいですよね。

ほかにもできることを組みあわせてインフルエンザ予防をしっかり行いましょう。