インフルエンザの痛みはどのように対処すればいいの?

冬になると流行するインフルエンザ。

インフルエンザといえば、急な高熱や倦怠感や筋肉痛といった全身症状がイメージされます。

もちろん、インフルエンザらしい症状がある場合には病院で検査をしてもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

処方されたインフルエンザ治療薬をしっかりと飲んで、きちんと安静にしていれば自然に治るのがインフルエンザです。

けれども、全身の筋肉痛で眠ることもできないという人もいます。

そこで今回は、インフルエンザの痛みの対処法などを御紹介しようと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

どうしてインフルエンザには筋肉痛や頭痛があるの?

l_2015-1-26_8b293434df87902a8ac246f3c74602ba

インフルエンザといえば、高熱以外にも頭痛や関節痛と体の痛みが特徴的です。

でも、実はこれはインフルエンザウイルスが原因ではないのです。

では、何が原因で痛みが発生するのでしょうか?

その直接の原因と考えられるのはプロスタグランジンと呼ばれる分泌物です。

インフルエンザウイルスが体内に入り込むことで白血球からウイルスを退治する様にメッセージが送られます。

このときサイトカインと呼ばれる物質が分泌され脳に伝えられます。

このサイトカインという物質を分泌する時に一緒に生成されるのがプロスタグランジンと呼ばれる物質なのです。

このプラスたグランジンは、発熱作用は発痛作用があります。

そのためインフルエンザに感染すると関節痛や頭痛といった痛みが発症するのです。

[スポンサードリンク]

インフルエンザによる痛みの対処法は?

ご紹介したようにインフルエンザで筋肉痛や頭痛といった症状がでるのは、プロスタグランジンが原因です。

このプロスタグランジンによる痛みを和らげることが必要となります。

まず、ひとつめの方法はインフルエンザによる関節痛や頭痛は、炎症を起こしている状態なのでプロスタグランジンが作用して血管を広げて血液の巡りをよくしています。

これが発熱や免疫細胞を活発にしています。

ですから、頭痛には氷枕や冷したタオルなどで太い血管を冷すことで血管が収縮して炎症による痛みを和らげてくれます。

このプロスタグランジンには、発熱させて免疫細胞を活発にする働きもあるので免疫細胞がインフルエンザウイルスを退治している状態です。

ですから、あまり冷やし続けると免疫細胞が活発に働けなくなってしまいます。

するとインフルエンザの回復に時間がかかるので痛みが和らいだら冷すの辞めましょう。

tintuzai

もう一つの方法が解熱鎮痛剤を使うことです。

解熱鎮痛剤にはプロスタグランジンの分泌を抑える働きがあります。

でも、心配なのはインフルエンザ脳症などの解熱鎮痛剤が原因で起こる合併症です。

解熱鎮痛剤にはさまざまな種類があります。

ものによってはインフルエンザ脳症やライ症候群といった重篤な症状を起こす原因になってしまうことがあります。

とくに小さなお子さんや高齢者は重篤化する確率も高いので服用には注意が必要です。

一般的には、アセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤なら安全と言われています。

気になる場合には、医師に相談して安全な解熱鎮痛剤を処方してもらうとよいでしょう。

インフルエンザによる体の痛みはどのくらい続くの?

16a4ba65f91bb4c667fbf607019e45f4-e1443145420712

インフルエンザによる体の痛み。

インフルエンザを撃退するためだと思えば我慢しなくてはいけませんが、この痛みはどのくらい続くのでしょうか?

インフルエンザの体の痛みは、ウイルスに対する免疫が活発化している証拠です。

免疫の活発化が落ちつくことで体の痛みも落ち着いてくるのです。

つまり、インフルエンザが回復していくにつれて筋肉痛や頭痛、関節痛といった痛みの症状も落ち着くということです。

通常は、インフルエンザウイルスに感染すると1~5日の潜伏期間の後、発症します。

そして、高熱や筋肉痛といった症状がでるのです。

この全身症状は3日~7日程度続きます。

ですから、インフルエンザによる体の痛みは3日~7日程度で落ち着いてくるでしょう。

インフルエンザによる背中の痛みもある

インフルエンザに感染すると安静にしていても背中が痛むことがあります。

背中の痛みの場合には、部屋の温度を温かく保つことが大切です。

もちろん、換気や保湿にも注意が必要です。

背中が痛む場合には、電気毛布や湯たんぽなどを使って温めることがオススメです。

電気毛布や湯たんぽを使う際には、低温やけどに気を付けましょう。

また、いっしょに住んでいる人がいる場合には、優しくマッサージしてもらうのもオススメです。

インフルエンザの痛みの対処方法についてのまとめ

いかがでしたか?

インフルエンザのよる体の痛みやその対処法についてご紹介しました。

インフルエンザと言えば、高熱というイメージがありますが、体の痛みも発症します。

そこでインフルエンザによる痛みには冷したりすることで少しでも緩和させることもできます。

ぜひ、対処法を知ってしっかりとインフルエンザの痛みに対して対処できるようにしておきましょう。

冬に流行するインフルエンザは、感染予防のために予防接種を受けることも効果がありますので考えておきましょう。