赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった時の薬は何?

インフルエンザといえば、毎年冬に大活躍するので感染経験がある方も少なくないでしょう。

できれば、インフルエンザには感染したくないので予防接種などを受けている方も多いと思います。

それでもインフルエンザを完全に予防できるわけではないのです。

とくに小さな赤ちゃんの場合は、インフルエンザに感染すると重症化することもあるので気をつけなくてはいけません。

そこで、今回は赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった時の対処法や薬などについてご紹介しようと思います。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったら

de8df6224204654c52f76ac98d547d1c

インフルエンザと言えば、大人だけでなく子供も感染するもの。

子供は免疫力が高くないので、幼稚園や小学校などで大流行することも多いですね。

そんな上の子のインフルエンザ感染などによって気になるのは赤ちゃんへの感染です。

どんなに気を付けていても赤ちゃんにインフルエンザを感染させてしまうことがないとはいえません。

赤ちゃんがインフルエンザに感染すると、38度以上の高熱や悪寒や震えなどがあります。

また、関節痛や鼻水、のどの痛みと言った風邪に似た症状もあります。

ただ、高熱や鼻水以外は、赤ちゃんが自分で痛みを伝えることができないのでわかりにくい症状です。

高熱があり、いつもとは違う泣き方をしていたりと様子が違う場合には気をつけなくてはいけません。

[スポンサードリンク]

いつもより機嫌が悪くて、ぐったりしている。

泣きやまない。

空腹のはずなのに母乳やミルクを飲まない。

といった状態なら、インフルエンザ感染を疑います。

このような症状が見られたら、できるだけ早めに受診するようにしましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかって処方される薬は?

それでは、赤ちゃんがインフルエンザにかかったらどのような治療を行うのでしょうか?

インフルエンザの治療薬として知られるタミフルやリレンザ、イナビル。

これらは生後6か月未満の赤ちゃんには処方されないことが多いようです。

病院によっては、生後6か月以降や生後1年以上の赤ちゃんにタミフルを処方することもあります。

リレンザやイナビルは吸引薬ですから、赤ちゃんは自分で吸引することができないので処方されることはありません。

6か月未満の赤ちゃんの場合には、とくに薬は処方されずに自然治癒を待つことになります。

ただ、赤ちゃんの体調を見て肺炎などの重症化の恐れがある場合には、入院治療となることもあります。

0254c840029c4f8700f5c15d6e0db323

赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の対処法

赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまったら、まず気をつけなくてはいけないことが脱水症状です。

授乳量やおしっこの量などをチェックして、おしっこが出ていないようなら脱水症状の可能性もありますので直ぐに病院に行きましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の治療法としては、安静にして水分や栄養をしっかり摂ることです。

赤ちゃんは自分では水分補給などができませんから、こまめに母乳やミルクをあげるようにしましょう。

また、赤ちゃん用のイオン飲料もありますので活用するとよいでしょう。

赤ちゃんがタミフルを飲むのを嫌がる場合は、無理矢理飲ませなくても大丈夫です。

離乳食は、あまりたべないこともあります。

そんな時は、無理に離乳食を食べさせる必要はありません。

食べられそうなら緩めのおかゆなど食べ易くて消化に良いものを与えるようにしましょう。

麦茶やぬるま湯などは水分補給としてどんどん与えるようにしましょう。

402c80362010833a2866c94db7c82caa

赤ちゃんが寝ている部屋は、1時間に1回程度窓を開けて換気をするようにしましょう。

換気をしないと空気中にウイルスが舞っている状態ですので、家族への感染も心配です。

インフルエンザに感染すると高熱がでますのでかなりの体力が消耗されます。

ですから、お風呂には入れずに汗をタオルで拭いてあげるようにしましょう。

家族でインフルエンザ予防を心がけましょう

赤ちゃんがインフルエンザに感染するのは家族感染が多いと言います。

赤ちゃんは基本的にあまり外出はしませんから、外で感染するというよりは家族が感染してそれがうつることが多いのです。

そこで家族でインフルエンザ予防をすることが大切です。

家族でインフルエンザ予防するのに一番効果的なのがインフルエンザの予防接種です。

予防接種を受けることで完全に感染を防ぐことはできませんが、感染しても症状が軽く済むともいわれています。

とにかく、家庭内にインフルエンザを持ち込まないことが一番の赤ちゃんのインフルエンザ予防法と言えます。

赤ちゃんのインフルエンザに使える薬や予防法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんがインフルエンザにかかった時に使える薬や予防法についてご紹介しました。

残念ながら1歳未満の赤ちゃんの場合、インフルエンザの治療薬はありません。

多くの場合は自然治癒となります。

ですから、何より赤ちゃんがインフルエンザにかからないことが一番大切なのです。

赤ちゃんにインフルエンザをうつさないように家族みんなでインフルエンザ予防を徹底することが大切でしょう。

ぜひ、できることから取りいれていきましょう。