妊娠中にインフルエンザに感染したらどの薬が使用できるの?

冬になると流行するインフルエンザ。

子どもだけでなく、大人もインフルエンザに感染することは多く、とくに家族が感染するとうつってしまう可能性は高いと言われています。

そんなインフルエンザにもしも妊娠中の女性が感染してしまった場合は、抗インフルエンザ薬は飲めるのでしょうか?

今回は、そんな気になる妊娠中の女性が使える抗インフルエンザ薬と感染予防にできることをご紹介しようと思います。

妊娠中にインフルエンザに感染したら

592x395xinful-ninpu.jpg.pagespeed.ic.DV7t8kHqkP

妊娠中にインフルエンザと思われる症状がある場合には、すぐに病院を受診しましょう。

その際に妊娠中であることを医師にしっかり伝えることは忘れないでください。

ご存知の方も多いと思いますが、インフルエンザの治療薬は発症から48時間以内に投与することが最も効果があるとされています。

つまり、早めの診察でしっかりと正しい治療を受けることが大切なのです。

ここで気になるのは、妊娠中の女性でも抗インフルエンザ薬を服用できるのかという事でしょう。

インフルエンザの薬といって一番の思い浮かぶのは「タミフル」という方も多いと思います。

このタミフル、異常行動などが見られるというニュースもご存知の方が多いでしょう。

それでは、タミフルはお腹の赤ちゃんには影響はないのでしょうか?

[スポンサードリンク]

基本的には、タミフルは妊娠中の女性が使用しても安全であるという報告があります。

タミフルの投与が送れて、重症化する危険があるともいわれています。

ですから、妊娠中の女性でもタミフルが処方されることが多いでしょう。

妊娠中の女性にはイナビルが処方されることもある

最近、タミフルやリレンザに変わって処方されることが多くなってきたのがイナビルです。

イナビルは、他のインフルエンザ治療薬に比べて妊娠中の女性にも安全性が高いとも言われています。

ですから、イナビルを処方される妊婦さんも多いでしょう。

イナビルは、吸引タイプのインフルエンザの治療薬で小さな子どもでも使えることや副作用の心配が少ないことでも知られています。

また、1度の服用で5日間の効果が持続するということで、飲み忘れなどもないので重宝されています。

インフルエンザの妊娠中の影響

妊娠中の女性でイナビルを希望する場合には、医師に相談してみるとよいでしょう。

妊婦さんはまずはインフルエンザ予防をしっかりと

妊娠中の女性は、インフルエンザ予防をしっかりとしておきたいものです。

まずは、一番のインフルエンザ予防策でもある予防接種から。

インフルエンザの予防接種は妊婦さんでも受けることができます。

妊娠16週までは胎児の状態が不安定なので予防接種を受けることができませんが、その後は受けることができます。

インフルエンザは不活性ワクチンで生ワクチンではないため、重篤な副作用は起こりづらいとされています。

妊娠中でも安心してインフルエンザの予防接種を受けることができます。

074499

また、日常生活の中でもインフルエンザ予防に取りいれることができることはいくつもあります。

妊娠中は、インフルエンザが重症化しやすいと言われています。

ですから、予防接種以外でも日常生活の中でインフルエンザ予防をしていきましょう。

バランスの良い栄養を毎日しっかりと取ることで健康でいることで、免疫力を高めることができます。

もちろん、手洗いやうがいをしっかりと習慣化することも大切です。

手洗いは、簡単に洗うのではなく爪の中や手首、指の間などまでしっかりと丁寧に洗うことが効果的です。

また、部屋を加湿して適度な湿度を保つことで乾燥させずにウイルスの住みにくい環境を作りましょう。

外出するときには、マスクの着用を徹底しましょう。

咳をするマスクをした女性

妊娠初期はつわりによっていつものように食事ができない女性も多いです。

そんな時に栄養が偏り、免疫力も低下しがちです。

できるだけ意識して栄養バランスの良い食事をすることが大切です。

とくに、インフルエンザなどの感染症の予防には、野菜や豆、海藻などが効果的と言われています。

毎日の食事のなかに上手に取り入れていくとよいでしょう。

もちろん、しっかりと睡眠を取ることも大切です。

体の免疫力を作るために睡眠は重要なのです。

その日の疲れはその日のうちにしっかりと摂れるようにしましょう。

疲れたと感じた時は、すこし横になる習慣をつけると良いでしょう。

普段とは違う体の状態なので、すこしの事で疲れることもあります。

自分の体の状態をしっかりと理解しておくことも大切ですね。

妊娠中のインフルエンザ治療薬と予防法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、妊娠中の女性が使用できるインフルエンザの治療薬や予防法についてご紹介しました。

妊娠中はどうしてもいつもとは違う体の状態ですからインフルエンザに感染しやすくなっています。

そこで、まずはしっかりと予防をすることが大切です。

予防接種や毎日の生活でできることから始めていきましょう。

そして、万が一インフルエンザに感染した時も妊娠中であることを伝えて正しい治療を受けるようにしましょう。