インフルエンザにはアルコール消毒が効果があるって本当?

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。

そのため、インフルエンザ予防のために予防接種を受けたり、手洗いうがいを習慣にしたりとできるだけの予防をしている方も多いでしょう。

そんなインフルエンザですが、アルコール消毒が効果的ということをご存知でしょうか?

今回は、インフルエンザのアルコール消毒が効果的な理由や使い方などを御紹介しようと思います。

インフルエンザウイルスにアルコール消毒が効果的な理由

アルコール消毒は、最近ではデパートや公共の建物などの入り口やトイレなどに設置されています。

そんなアルコール消毒は、なぜインフルエンザウイルスに効果があるのでしょうか?

インフルエンザウイルスは、エンベロープという脂質性の膜で覆われています。

この膜が人に感染するときに重要な役割をはたしています。

エンベロープという脂質性の膜は、水に溶けにくいのですが油には溶けやすい性質です。

ですから、エタノールなどのアルコールによってインフルエンザウイルスのエンベロープが溶けてしまいます。

するとインフルエンザウイルスは、不活化するのです。

インフルエンザウイルスに人が感染するために、エンベロープが必要です。

そのエンベロープが破壊されることで感染することができなくなります。

ですから、アルコール消毒の予防効果はとても高いと言えるでしょう。

21483

インフルエンザ予防のアルコール消毒の前には石鹸で手洗いを!

それでは、インフルエンザ予防にアルコール消毒をする場合には、どのように使用すればよいのでしょうか?

まずは、インフルエンザ予防には手に汚れがついている状態ではアルコール消毒の効果が発揮できません。

ですから、アルコール消毒の十分な黒化を得るためには、石鹸で手洗いをして手の汚れを落としましょう。

石鹸には界面活性剤が含まれています。

付着しているウイルスを落しやすく働きがある界面活性剤を使用することでアルコール消毒を効果的に使用することができます。

石鹸でしっかりと手を洗った後に、速乾性のアルコール消毒剤をしっかりと手に刷り込むようにしましょう。

手をある時と同様に、指の間や爪の先などすみずみまでアルコール消毒剤を擦りこむことがポイントです。

[スポンサードリンク]

インフルエンザ予防に効果的なアルコール消毒剤の使い方

それでは、実際にインフルエンザ予防にアルコール消毒剤を使う時にはどの様に使えばよいのでしょうか?

アルコールは数秒間ウイルスに触れなければシッカリと消毒することができません。

そこで、15秒間は手の皮膚にしっかりと刷り込むように塗ることが大切です。

アルコール濃度が低いと消毒の効果も少なくなりますので選ぶ際にも気をつけなくてはいけません。

そして、上でご紹介したように指の間や爪の先、親指、手首までしっかりとアルコールを染み込ませるようにしましょう。

AA

インフルエンザ予防のアルコール消毒剤の選び方

インフルエンザ予防にアルコール消毒剤を使用するときには、どのようなアルコール消毒剤を選べばいいのでしょうか?

アルコール消毒剤はいろいろありますが、購入するときのポイントとしてはアルコール濃度が70%のアルコール消毒剤を選びましょう。

これはアルコール濃度が70%の物を使用した時に一番インフルエンザウイルスに効果があったと言われているからです。

あまり濃度が濃すぎるとすぐに蒸発してしまい、すりこむ前に蒸発してしまうので注意が必要です。

アルコール消毒を帰宅後に直ぐに使いたいから玄関に置くという方も多いでしょう。

でも、実は石鹸で汚れを落としてからアルコール消毒剤を使用した方が効果がありますので洗面所に置くのが一番です。

それでも玄関におきたいという方は、温度が低くなると効果が薄くなるので注意が必要です。

waki29

アルコール消毒剤を使うなら手肌のケアも忘れずに

インフルエンザ予防のためにアルコール消毒剤を使うのはとっても効果的です。

でも手洗いとアルコール消毒を1日に何度もおこなうと手が荒れてしまう事が考えられます。

ですから手肌のケアも忘れないようにしましょう。

アルコール消毒による手荒れを防ぐには保湿クリームを使うことです。

アルコール消毒をした後に保湿クリームをしっかりと塗りこんでケアするようにしましょう。

インフルエンザにはアルコール消毒が効果についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防にアンコール消毒が効果があることについてご紹介しました。。

最近では、アルコール消毒剤はさまざまなところに置いてあります。

また、携帯に便利な小さなアルコール消毒剤も販売されていますね。

そんなアルコール消毒剤で消毒することで手についたウイルスを不活化することができるのならぜひ取り入れるといいでしょう。

また、デパートなどにおいてあるアルコール消毒剤もどんどん活用していくといいですね。

もちろん、インフルエンザ予防接種やマスク着用、うがい手洗いなどの習慣と合わせることでより予防効果がアップしますのでできることから取りいれていきましょう。