インフルエンザに感染しても発症させない方法はあるの?

冬になるとインフルエンザが流行します。

できるだけインフルエンザに感染したくないのでさまざまな予防策をしている方も多いでしょう。

けれども、どんなに予防していてもインフルエンザに感染してしまうこともあります。

インフルエンザに感染してしまったかも、と思ってもすぐに発症するわけではありません。

そこでインフルエンザに感染しても発症させない方法があるなら知りたいと思いませんか?

今回は、そんなインフルエンザに感染しても発症させない方法についてご紹介しましょう。

そもそもインフルエンザとは?

インフルエンザを発症させない方法

ご存知の方が多いと思いますが、インフルエンザはインフルエンザウイルスが体内に入り感染すると、1~3日程度の潜伏期間を経て発症すると言われます。

発症後は、急激な38度以上の高熱や全身倦怠感などの症状が現れます。

そんなインフルエンザは、飛沫感染や接触感染によって感染します。

飛沫感染は、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみによって飛び散ったウイルスを直接吸い込むことで感染します。

接触感染は、ウイルスのついたところに触れた手で自分の鼻や口などの粘膜を触れて体内にウイルスを取り込んで感染します。

ちなみにインフルエンザに感染している人が1回くしゃみをすると200万個のウイルスが飛び散ると言われています。

[スポンサードリンク]

インフルエンザに感染しても発症させない方法はあるの?

それでは、周囲にインフルエンザを発症している人がいて、もしかして自分も感染したかもという時に発症させない方法はあるのでしょうか?

実は、インフルエンザに感染したから100%発症するとは限りません。

感染しても発症させないためにできることをご紹介しましょう。

1.手洗いをしっかりする

 インフルエンザのウイルスに感染する最も多い経路は、手を媒体として感染することです。

 ウイルスが付着した手を口や鼻などの粘膜を触れることでウイルスを体内に取り込んでしまいます。

 ですから、手洗いをしっかりすることは一番の予防法ともいえるのです。

10918

2.うがいをする

 インフルエンザウイルスは、口や鼻などの粘膜から侵入してきます。

 口と鼻はつながっていますので、うがいをすることで口と鼻からのウイルスの侵入を未然に防ぐことができます。

 また、付着したウイルスを洗い流す効果もあるのです。

 ですから、外出から帰ってきたらウイルスを洗い流すようにシャワーを浴びてうがいをしましょう。

3.加湿と加温を行う

 インフルエンザウイルスは、冷たくて乾燥した部屋が好きです。

 ですから、室温を20度以上、湿度を50%から60%に保つことでウイルスが住みずらい環境をつくることも大切です。

 また、換気もしっかりと行いましょう。

 ウイルスは狭い部屋など気密性の高い部屋で長く浮遊してしまいます。

 1時間に1回ぐらいは窓を開けて喚起をするように心がけましょう。

389

4.水分補給をしっかりしましょう

 体内が水分不足になると粘液に粘りが出ます。

 すると粘膜についたウイルスを排出する機能が低下してしまいますので、ウイルスを排出するためにこまめに水分補給を行いましょう。

免疫力をあげてインフルエンザウイルスを撃退

一般的にインフルエンザウイルスに感染したり、発症した場合には抗インフルエンザ薬を飲んで治すことが多いですね。

でも、実はなによりも大切なことは免疫力をあげることなのです。

そこで大切なのは、免疫力をあげるための食生活です。

インフルエンザウイルスを撃退する免疫力をあげるためにお勧めなのがヨーグルトです。

Yogurt

ヨーグルトは、体の免疫力を高めるだけでなく、腸内環境を整えることでも知られています。

とくに善玉菌のビフィズス菌を増やすことで消化器官の消化吸収の効率を上げることで、基礎代謝をアップします。

ですから、ヨーグルトを毎日たべることを習慣にしましょう。

ヨーグルトは種類によって、入っている乳酸菌も変わります。

インフルエンザ対策におすすめのヨーグルトはR-1ヨーグルトです。

インフルエンザウイルスを抑制するためにはビタミンDも大切といいます。

抗菌タンパク質というたんぱく質を作るビタミンDを多く含む鮭やしらす干し、いわし、干しシイタケを毎日の食事で摂るようにしましょう。

インフルエンザに感染した可能性があったら外出は控える

Woman with a cold

もしかしたらインフルエンザに感染したかも・・・と思う場合には、できるだけ外出は控えるようにしましょう。

外出をすると体力も消耗してしまうので、ウイルスに感染した場合にも発症してしまいがちです。

どうしても外出しなくてはいけないときには、マスクを着用するようにしましょう。

インフルエンザウイルスに感染しても発症させない方法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザウイルスに感染しても発症させない方法についてご紹介しました。

とはいえ、完全に発症させないことができるわけではありません。

でも、実は感染してもインフルエンザを発症しないまま治っている人が実際にいるんです。

そんな人は、健康で免疫力が強い人です。

ですから、普段の生活から見直して栄養バランスのとれた食事をして、睡眠をしっかりととって、免疫力を高めるように心がけていたいです。