インフルエンザの症状について、A型・B型・C型で違うの?

毎年冬になると大流行するインフルエンザ。

インフルエンザは一般的な風邪との違うことは、皆さんご存知でしょう。

症状が重い風邪となるとインフルエンザの症状とも似ているのでちょっと見分けがつかないということもあります。

また、一般的にはインフルエンザと言っていても実は型によってそれぞれに症状がちがったりもするのです。

そこで、今回は気になるインフルエンザの型による症状の違いをご紹介しようと思います。

インフルエンザには型がある

みなさんもインフルエンザには型があることをご存知でしょう。

一般的に、A型インフルエンザ・B型インフルエンザ・C型インフルエンザの3つに分かれています。

そして、その年によってどの型のインフルエンザが流行するかはわかりません。

また、それぞれの型により、多少の症状の違いもありますのでご紹介します。

[スポンサードリンク]

A型インフルエンザの症状は?

では、まずはA型インフルエンザの症状からご紹介しましょう。

A型インフルエンザは流行性が高いので、毎年のように流行の中にA型が見られます。

A型インフルエンザの主な症状は、38度以上の高熱、悪寒、震え、強度の関節痛があります。

ただ、体力がある大人や男性は高熱にならない場合もあります。

また、関節痛は腰やひざ、そして筋肉痛などもあります。

このほかには、インフルエンザ脳炎になる可能性が高いことや合併症の危険性が高いこと、そして免疫の持続性が短いので早い時期に予防接種を行うと流行中にかかってしまう可能性があります。

072708

B型インフルエンザの症状は?

それでは、つぎにB型インフルエンザの症状もご紹介しましょう。

B型インフルエンザも流行性が高く、数年おきにB型インフルエンザが流行ります。

B型インフルエンザの主な症状としては、A型が収束した後に流行ることでA型インフルエンザにかかっても次にB型にもかかってしまう可能性があります。

型が違うのでA型の予防接種を受けていても意味がありません。

主な症状としてはA型と変わりませんが、気管支や消化器に炎症を起こしやすくなっています。

このB型インフルエンザの免疫の持続性は比較的長めなので早めに予防接種を受けても大丈夫です。

C型インフルエンザの症状は?

それでは、最後にC型インフルエンザの症状もご紹介しておきましょう。

C型インフルエンザの主な特徴は、季節性がなく通年にわたって発症している事。

また、一度罹患すると免疫がほぼ一生持続します。

小児に感染することが多く鼻かぜぐらいの症状になります。

大人にはあまり感染せず、感染してもインフルエンザと認識されないで風邪と思って終わることも多いでしょう。

C型インフルエンザは感染力が弱いのでさほど流行するはほとんどありません。

ウイルスの変異やパターン数

pict2

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することで発症します。

このウイルスは一定ではなく時間の経過などによって変化します。

A型インフルエンザは、変異しやすいので新型がうまれやすく、今までに140以上のパターンのウイルスが発見されています。

B型インフルエンザは、山形型とビクトリア型の2種類でさらに細かく分かれています。

C型インフルエンザは、1種類だけでウイルスの変異がありません。

インフルエンザのa型とb型に両方同時に感染するおそれもあります。

ただ、同時感染したからといって、特別重症になるというわけではありません。

インフルエンザのシーズン中はどちらにもかからないようにうがい手洗いをしてきちんと予防しましょう。

それぞれのインフルエンザウイルス別効果のある薬

それでは、インフルエンザは型によって効果のある薬がちがうのでしょうか?

じつは、A型インフルエンザとB型インフルエンザは、リレンザやタミフルなどの抗インフルエンザ薬が効果があります。

けれどもC型インフルエンザはとくに効果のある薬はなく、症状も軽いのでそのまま経過を見ることが多いでしょう。

このように効果のある薬は違いますので実際の型を確認することは大切です。

C型インフルエンザの場合には、一生の間で2度かかることはほとんどないと言われていますので、1度かかっていたらC型とは考えにくいでしょう。

インフルエンザの型による症状の違いについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの型によってどの様な症状の違いがあるのかをご紹介しました。

インフルエンザと一言でいっても自分がどの型のインフルエンザかは調べてみないとわかりません。

けれども、その症状を知っておくことで自分でもなんとなく型を考えることができるかもしれません。

もちろん、治療のためにはしっかりとウイルスの違いをチェックして、その症状にあった治療を必要とします。

インフルエンザらしき症状があった場合には、受診してしっかり検査してもらうことが早く治すためにも一番でしょう。

子供の場合には、3つの型がありますがC型は風邪に似た症状できづかないかもしれません。

けれども、しっかりと検査することが大切なのには変わりがありません。