インフルエンザの予防法って本当に効果があるの?

冬になるとインフルエンザが流行します。

年によっては猛威を振るう時もありますね。

そんなインフルエンザを予防する為にインフルエンザ予防接種を受けたり、手洗いうがいをしたり、マスクを着用したり。

さまざまなインフルエンザ予防策があります。

では、そんなインフルエンザの予防法は実際に効果があるのでしょうか?

それぞれの予防法について効果をチェックしていきましょう。

インフルエンザウイルスを体内に入れない予防法

予防法にもいろいろありますが、何よりインフルエンザウイルスを体内に入れないことが一番です。

まずは手洗いの効果からです。

外から帰ってきたら手を洗う事を予防策としている方も多いでしょう。

これは、効果があります。

手についたウイルスは手洗いするのが効果的です。

この時の洗い方で大切なのは、流水で洗い流すことです。

石鹸を使うとより効果的ですが、石鹸が無くても流水で洗い流すようにしましょう。

ぬれたおしぼりや除菌シートで拭く方もいますが、これではウイルスは残ってしまいます。

これでは効果が半減してしまいます。

つぎは子供用のマスクをさせる効果です。

マスクはのどの加湿という意味では効果的です。

けれども、ウイルスは顔とマスクの隙間や繊維の間からも侵入してしまいます。

ウイルスは完全に予防できるわけではありませんので、子供が嫌がるなら無理に着用することもありません。

[スポンサードリンク]

人混みへの外出についての効果は?

人混みへは用事がない限り出かけないことは効果があります。

一番の予防法は、インフルエンザの原因となるウイルスをもらわないことです。

ですから、人混みではどこにウイルスがあるかわからないので出かけないようにしましょう。

帰宅したら水を飲ませるのは?

うがいができないから帰宅したら水を飲ませるという方もいますが、水を飲むことで喉に付着しているウイルスが胃に流れ落ちます。

するとウイルスが胃液の中では活動できないのである程度の予防効果があります。

けれども、風邪のウイルスの場合には腸から感染することもあるので風邪の予防にはなりません。

除菌スプレーなどで予防を行うことは?

最近はいろいろな除菌グッズがあります。

それによって効果もいろいろですが、細菌には効くけれどウイルスには効かない除菌剤も多いので過信しないようにしましょう。

インフルエンザウイルスの活動をおさえる予防法は?

インフルエンザの予防としては、インフルエンザウイルス自体の活動を抑制する予防法もあります。

では、それらの予防法には効果があるのかもチェックしていきましょう。

加湿器などを使って湿度を高めに保つことの効果は?

冬に流行するインフルエンザウイルスは湿度が高いと活動しにくくなります。

ですから、加湿器を使って湿度を調節したり、洗濯物を干したりして室内の空気が乾燥しないように機を着けましょう。

とはいえ、加湿しすぎると結露となりますので衛生的ではありません。

湿度は50~60%になるようにしましょう。

窓を開けずに空気清浄機を使う事の効果は?

室内にあるインフルエンザウイルスを除去するために空気清浄機を活用するのは問題はありません。

けれども、フィルターの手入れがされていないとかえって空気を汚してしまうこともあります。

室内のウイルスを追い出すためには窓を数回開けて空気の入れ替えをするようにしましょう。

もちろん、空気清浄機を使っていても空気の入れ替えのために窓を開けることが大切です。

ウイルスに負けない体になる予防法

インフルエンザウイルスが体内に入ってきてもしっかりと闘える身体をつくることも予防のひとつです。

たとえば、薄着で強い子を育てることの効果はあるのでしょうか?

昔の人は薄着で強い子を育てるということがあったようです。

子供は大人より体温が高めなので大人よりは1枚少なくても大丈夫ですが、それ以上薄着にさせると身体が冷えて免疫力が低下してしまうので注意が必要です。

では、反対にたくさん着せることはどうなのでしょうか?

身体を温めるためにたくさん着せるという方もいるでしょう。

でも、体力を消耗する程、冷えることはないのでたくさん着せて汗をかくようなら逆効果です。

外遊びで元気な体をつくるのは?

寒い冬でも外遊びで丈夫な体を作りたいと思うお母さんも多いはず。

もちろん、寒くても元気に外で遊んでたっぷり身体を動かすことで夜はたっぷりと睡眠をとれるでしょう。

外の気温や体調に合わせて外遊びも取りいれるようにしましょう。

インフルエンザの予防法って本当に効果があるかについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザの予防法はどれも効果があるのかということについてご紹介しました。

予防法によっては効果は限定的なものも多くあります。

どの予防法も取りいれることはいいことですが過信しすぎずにしっかりと栄養をとって規則正しい生活で免疫力を上げていきましょう。