インフルエンザでもお風呂に入っていいの?入る時の注意点は?

インフルエンザといえば、高熱がでることが一番の特徴といえます。

そして、筋肉痛や関節痛、頭痛といった全身症状もあります。

ですから、基本的にはインフルエンザを発症するとお風呂にはいらないようにしますね。

とはいえ、インフルエンザは完治するまでに1週間程度かかりますので、その間ずっとお風呂にはいらないのはちょっと大変ですね。

では、インフルエンザに感染したらどのタイミングでお風呂に入ることができるのか、入る時の注意点も合わせてご紹介しましょう。

インフルエンザの時はお風呂にはいれないのか?

実は、インフルエンザの時に絶対にお風呂に入ってはいけないわけではありません。

インフルエンザでお風呂に入ったからと言って、お風呂のお湯で家族にウイルス感染することはありません。

とはいえ、熱が出ている間は基本的にお風呂に入るのはさけましょう。

では、なぜお風呂をひかえなくてはいけないのでしょうか?

インフルエンザの時にお風呂をひかえるのは、体力の消耗が懸念されるからです。

インフルエンザと治すには体力が必要になります。

とくに高熱が出ている時は、体がインフルエンザウイルスと闘っているときです。

この状態でお風呂で体力を使ってしまうとウイルスと闘うための体力がなくなってしまいます。

ですから、症状が軽くなるまではお風呂は控えた方がよいというわけです。

インフルエンザでお風呂にはいれるようになるのはいつ?

では、インフルエンザに感染していてもお風呂にはいれるのはいつ頃でしょうか?

基本的に、インフルエンザでお風呂にはいれるようになるのは熱が下がってから2日たってからになります。

熱が下がったという事である程度ウイルスとの戦いも落ち着いてきたということになるからです。

でも、熱は下がっても体にだるさが残っていたり、食慾がない時には、体力を使わないようにお風呂は控えた方がいいでしょう。

また、微熱があっても体に不調が無いようならお風呂に入ってもよいでしょう。

[スポンサードリンク]

インフルエンザでお風呂に入る時の注意点は?

では、ある程度熱が下がってインフルエンザでお風呂に入る時はどんなことに注意が必要なのでしょうか?

インフルエンザでお風呂に入るのは、基本的に熱が下がっていて症状が軽くなったときです。

けれども、健康な時とは体の状態が違うのでいくつかの事に注意が必要です。

1.長時間入ると体力の消耗が大きいので短時間で済ませること

2.脱衣所などは暖房などで温めておくこと

3.湯冷めしないように部屋も暖めておくこと

4.髪の毛を洗った場合にはドライヤーなどですぐに髪を乾かすこと

5.お風呂に入ると水分が奪われるので入浴後は水分補給をする

6.入浴後はすぐに布団に入り安静にすること

これらの事に注意しましょう。

インフルエンザでお風呂に入り入浴後に注意することは?

お風呂に入る時の注意点と共に、入浴後も注意が必要になります。

久しぶりにお風呂に入って気持ちがよくて油断してしまわないようにしましょう。

まずは、湯ざめに注意することです。

せっかくインフルエンザの症状が軽くなってきたのにお風呂に入って湯冷めうすることで症状が悪化してしまう危険性があります。

ですから、湯冷めしないように脱衣所を温めておいたり、体は直ぐに拭いたり、髪の毛はドライヤーで直ぐに乾かしましょう。

また、清潔な服に直ぐに着替えて温かい部屋で過ごしましょう。

バスタオルにも注意が必要です。

お風呂でのバスタオルの共有は避けましょう。

インフルエンザがお風呂で直接感染することはありませんが、インフルエンザウイルスは接触感染が多いので患者が身体を拭いたバスタオルには鼻水や唾液などのウイルスが付着していることが考えられます。

そのようなバスタオルを家族が使うと感染する可能性もあります。

ですから、インフルエンザ感染者が使用したタオルはすぐに選択するようにしましょう。

さらに、お風呂上りにはしっかりと水分補給をしましょう。

インフルエンザに感染すると高熱がでるので体内の水分が失われがちです。

お風呂に入った後はとくに水分が奪われますので脱水症状を予防する為にしっかりと水分補給をするようにしましょう。

お風呂上りはゆっくりと身体を休めるようにしましょう。

このようにインフルエンザの症状が軽くなってもお風呂にはいったらすぐに身体を休めることが大切です。

準備をしたうえで入浴するようにしましょう。

インフルエンザでもお風呂に入る時の注意点についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザでもお風呂に入っていいのか、お風呂に入る時の注意点についてご紹介しました。

インフルエンザでは基本的にお風呂にはいらないのが一般的ですが、ある程度症状が落ちついてきたらお風呂に入ることができます。

そんな時でも幾つかの注意しなくては行けない点がありますのでしっかりと把握しておきましょう。

また、入浴によってインフルエンザを悪化させないように入浴後はゆっくりと休みましょう。