妊婦はどのようにインフルエンザ予防をすればいいの?

毎年冬になると大流行するインフルエンザ。

インフルエンザに感染すると38度以上の発熱、頭痛、関節痛などの全身症状で辛い思いをするでしょう。

ですから、できるだけインフルエンザは予防したいものです。

そんな中で妊婦さんはインフルエンザは重症化することが多いともいわれています。

妊娠中にインフルエンザにかかると脱水症状を起こしたりすることがあります。

ですから、妊婦さんはよりインフルエンザ予防をしっかりとしなくてはいけません。

では、妊婦はどのようにインフルエンザ予防をすればいいのでしょうか?

今回は妊婦のインフルエンザ予防のポイントをご紹介しましょう。

一番の予防策はインフルエンザ予防接種を受けること

インフルエンザ予防で一番効果が高いといわれているのがインフルエンザ予防接種を受けることです。

もちろん、予防接種を受けたからと言って100%予防ができるわけではありません。

けれども、もしインフルエンザに感染したとしても軽症ですむという事が多いので母体にも胎児にも負担が少なくなるというわけです。

ただ、インフルエンザの予防接種を受けても次の日から効果があるわけではありません。

予防接種は接種後体内で抗体ができるまでに最低でも2週間ほどかかると言われています。

ですから、流行する前にしっかりと抗体ができるように計算して予防接種を受けておくようにしましょう。

妊婦がインフルエンザの予防接種を受けることに対して、とくに胎児への影響はないので安全が確認されています。

妊娠前や妊婦さんも予防接種を受けることをおすすめします。

では、授乳中でも予防接種をうけることはできるのでしょうか?

インフルエンザのワクチンが母乳に入ってしまう可能性はありますが、その成分はごくわずかです。

ですから、母乳を飲んでいる赤ちゃんに影響があることはありません。

反対にお母さんがインフルエンザに感染して赤ちゃんにも感染してしまう方が心配です。

ですから、授乳中のお母さんもインフルエンザの予防接種を受けておくとよいでしょう。

妊婦のインフルエンザ予防普段できる事

インフルエンザウイルスは感染力が強いと言われています。

ですから、できるだけ感染を防ぐために12月~4月の間は人が多く集まる場所などにはできるだけ出かけないようにしましょう。

さらに、外出から帰ったら手洗いやうがい、消毒を習慣にするようにしましょう。

インフルエンザが流行する時期には乾燥していることでより感染力が強くなります。

そこで室内の湿度を50~60%に保つように加湿器を活用しましょう。

加湿器がない場合にはぬれタオルを干すなどの方法も可能です。

また、換気もきちんと行いましょう。部屋の除菌をしっかり行うことが大切です。

妊娠初期でつわりがひどい場合には栄養バランスが乱れがちです。

栄養バランスが乱れると免疫力が低下してしまいますので、冬はできるだけ栄養バランスのとれた食事をしましょう。

[スポンサードリンク]

妊婦の家族もインフルエンザ予防をする

妊婦がインフルエンザに感染しないためには、家族がインフルエンザ予防をしっかりしなくてはいけません。

もしも家族がインフルエンザに感染している場合には、妊婦は近づかないようにしましょう。

看護をするのは妊婦ではない方にお願いします。

とはいえ、看病する人が妊婦しかいない場合には、患者の近くに行く際にはマスクを着用したり、毎回手洗いうがいや消毒をしっかりと行います。

妊娠中は普通の人よりもインフルエンザに感染しやすくなっているので十分に注意しましょう。

妊婦も抗インフルエンザ薬はのめるの?

もしも妊婦がインフルエンザに感染してしまった場合、抗インフルエンザ薬を処方されるのでしょうか?

インフルエンザに効果があるタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬。

妊娠中でも処方されます。

タミフルは妊婦が服用しても流産や先天異常のなどの発症率は通常とかわりません。

つまり、胎児への影響はないと言われています。

また、妊婦の家族がインフルエンザに感染した場合に、予防的に抗インフルエンザ薬を飲むことが推奨されています。

とくに子供が幼稚園や保育園に通っている場合には、インフルエンザに感染する可能性が高いので医師からタミフルの予防的服用を推奨されることもあるでしょう。

自分がインフルエンザに感染した場合には、発症してから48時間以内に薬を飲むことで発熱の期間を短くしたり重症化を避けることがあります。

ですから、インフルエンザらしい症状がある場合には早めに病院を受診しましょう。

妊婦はどのようにインフルエンザ予防についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、妊婦のインフルエンザ予防についてご紹介しました。

妊婦は通常よりインフルエンザに感染しやすい状態になっていますので、よりしっかりと予防しなくてはいけないことがわかりました。

インフルエンザ予防接種や手洗いうがいなどできることはしっかりと行うようにしましょう。