新生児でもインフルエンザに感染するの?対処法や治療法は?

冬になるとインフルエンザが流行します。

インフルエンザの感染予防にためにインフルエンザの予防接種をしたり、さまざまな予防策をする方が多いでしょう。

でも、気になるのは新生児です。

新生児の場合、インフルエンザ予防接種は受けられませんし、予防策もなかなかできません。

そんな新生児でもインフルエンザに感染することがあるのでしょうか?

今回は、気になる新生児のインフルエンザ感染や対処法、治療法についてご紹介しましょう。

新生児のインフルエンザの症状は?

インフルエンザは新生児でも感染することがあります。

一般的には生後6か月まではお母さんの免疫力をもっているので病気にならないと言われます。

とはいえ、お母さんがインフルエンザに対して抗体を持っていなければ感染する可能性があるということです。

特に、家族がインフルエンザに感染している場合、新生児の感染率が上がります。

では、新生児がインフルエンザに感染するとどのような症状がでるのでしょうか?

新生児がインフルエンザにかかると40度以上の高熱が2日~5日続くことがあります。

また、頭痛や筋肉痛などの症状もありますが新生児が自分で症状を訴えることはできないのでわかりません。

高熱が出ない場合もありますし、下痢や嘔吐などの症状がでる場合もあります。

赤ちゃんが機嫌が悪かったり、いつもと様子がちがったり、ほっぺが赤かったり、ぐったりしていたり。

その変化をお母さんが感じてあげることが大切です。

赤ちゃんは、自分で調子が悪いことを伝えられません。

ですから、お母さんやお父さんが異変に気づいてあげなければいけないのです。

新生児はインフルエンザに合併症になるの?

インフルエンザにかかっている時に一部の解熱剤を服用することでインフルエンザ脳症などの合併症になることがあります。

インフルエンザ脳症は、けいれんや意識障害、異常行動が現れることがあります。

命に関わることもあるので気をつけなくてはいけません。

ほかにもライ症候群もあります。

発熱や下痢、嘔吐、痙攣や意識障害などの賞状があるもので治っても後遺症が残ることがあるのです。

このようなインフルエンザによる合併症がありますので、自己判断で薬を飲ませることは避けましょう。

このほかに、気管支炎や肺炎、急性中耳炎などがあります。

[スポンサードリンク]

新生児がインフルエンザに感染したらどうするの?

では、実際に新生児がインフルエンザに感染してしまった場合にはどのように対処したらいいのでしょうか?

自宅でできることはいくつかあります。

部屋の湿度を50~60%に保つことが大切です。

50~60%であるとインフルエンザウイルスが生存できないのと言われます。

水分をこまめにとることも大切です。

高熱や下痢、嘔吐で奪われるので水分をしっかりと補うことが大切です。

とくに咳が酷かったり、のどが痛かったりしたら水分を与えましょう。

赤ちゃんが飲めるのはぬるま湯や赤ちゃん用のイオン飲料などです。

母乳やミルクを飲んでいる場合には、こまめに母乳やミルクを与えるようにしましょう。

また、熱が高い時は薄着をすることが大切です。

熱が上がるまでには身体を温めることが大切ですが、熱が上がったら薄着にしましょう。

こまめな着替えなど赤ちゃんの様子をみて行うようにしましょう。

離乳食ですが、無理に食べさせる必要はありません。

食べる元気があれば、段階を1つ下げて離乳食をあがるとよいでしょう。

やわらかく煮たうどんや野菜など消化のよい食材を選ぶようにしましょう。

お風呂は控えましょう。

熱がさがっていないときにはお風呂に入れると赤ちゃんの体力に奪われます。

すると熱が上がってしまう可能性がありますので、お風呂には入れずに身体を拭ってあげるとよいでしょう。

インフルエンザ治療薬は新生児でも使えるの?

一般的に子供や大人がインフルエンザに感染すると抗インフルエンザ薬を処方されます。

でも、新生児の場合には抗インフルエンザ薬は安全性や有効性が確立していないので、抗インフルエンザ薬は処方されません。

けれども、投与することを禁止されているわけでは無いので医師が判断して使用する場合もあります。

ほかに、解熱剤や二次感染を防ぐ抗生物質なども処方されることがあります。

新生児のインフルエンザ予防には?

新生児がインフルエンザに感染しないようにするためには、家族が予防しなくてはいけません。

新生児がインフルエンザに感染するのは、家族がインフルエンザに感染することでうつることがほとんどです。

ですから、新生児がいる家族は両親や兄弟がインフルエンザの予防接種を受けるなどの予防策をしっかりと行いましょう。

新生児でもインフルエンザに感染するの?対処法や治療法についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新生児でもインフルエンザに感染した時の対処法や治療法についてご紹介しました。

新生児はあまり外出をしないのでインフルエンザに感染する可能性は低いとはいえ、ゼロではありません。

新生児がインフルエンザに感染しないようにできるだけ周囲の人がインフルエンザ予防を徹底するのが一番です。