赤ちゃんがインフルエンザに感染した時の症状や治療法が知りたい!

インフルエンザが流行する冬。

家族でインフルエンザに感染しないようにさまざまな予防策をとっているという方も多いでしょう。

とはいえ、どんな予防策でも100%インフルエンザ感染を予防できるわけではありません。

とくに小さな赤ちゃんは免疫力が低いのでインフルエンザに感染する可能性があります。

もしも、赤ちゃんがインフルエンザに感染したらどのような症状がでるのでしょうか?

また、赤ちゃんがインフルエンザに感染した時はどのように治療するのでしょうか?

今回は、気になる赤ちゃんのインフルエンザ感染に関することをご紹介しようと思います。

そもそも赤ちゃんでもインフルエンザに感染するの?

赤ちゃんは、お母さんからもらった免疫があるから大丈夫!

そんな話を耳にしたことがある方も多いでしょう。

では、赤ちゃんはインフルエンザに感染することがあるのでしょうか?

ご存知のように赤ちゃんは母乳からお母さんの免疫をもらいます。

ですから、その免疫の効果がある生後6か月ぐらいまでは赤ちゃんは風邪やウイルスから守られていると言われています。

けれども、お母さん自体が免疫を持っていない感染症の場合には赤ちゃんも免疫がないということになります。

実は、インフルエンザは毎年流行する型が変わります。

ですからお母さん自体が免疫を持っていないことが考えられるので赤ちゃんでもインフルエンザに感染することがあるのです。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は?

それでは、赤ちゃんがインフルエンザに感染した場合には大人とはどのような違いがあるのでしょうか?

赤ちゃんがインフルエンザに感染しても基本的には大人の症状と変わりがありません。

けれども、大人のインフルエンザの発症ではかなりの高熱が出ることが多いのに対して、赤ちゃんのインフルエンザの発症は下痢や嘔吐から始まることがあると言われます。

このような症状は風邪の症状に似ているので見分けることが難しいのです。

もちろん、赤ちゃんがインフルエンザに感染すると大人と同じような筋肉痛や関節痛もありますが赤ちゃんは痛いとは言えないのでなかなかわかりません。

いつもと様子がちがったら早めに気づいて、病院を受診しましょう。

[スポンサードリンク]

赤ちゃんのインフルエンザ感染で気を付けたいインフルエンザ脳症とは?

インフルエンザ脳症という言葉を聞いたことがありますか?

赤ちゃんやちいさなお子さんはインフルエンザで重症化しやすいと言われています。

赤ちゃんがインフルエンザに感染した時に気をつけなくてはいけないのがこのインフルエンザ脳症です。

インフルエンザ脳症での致死率が10%弱、後遺症が残る割合が25%といわれているものです。

インフルエンザ脳症になると、異常行動や異常言動、痙攣、呼びかけに無反応といった症状がありますので注意しましょう。

赤ちゃんにこのような症状がある場合にはすぐに医師に相談しましょう。

赤ちゃんのインフルエンザで自宅で出来るケアはあるの?

では、実際に赤ちゃんがインフルエンザに感染してしまった場合にはどのようなケアができるのでしょうか?

赤ちゃんは抗インフルエンザ薬が使えないので、自宅でのケアがとても大切になります。

まず、気をつけなくてはいけないことは脱水症状です。

赤ちゃんは大人に比べると体温が高いことはご存知でしょう。

その上熱が高いと汗をたくさんかきます。

さらに、大人のインフルエンザに比べて下痢や嘔吐といった症状が起こりやすいので、体内から水分が失われてしまいます。

ですから、脱水症状を避けるためにこまめな水分補給が大切です。

そして、こまめな着替えもしてあげましょう。

赤ちゃんは体温調節機能が大人より上手にできません。

ですから、汗をたくさん書くのでこまめに着替えをさせてあげましょう。

また、インフルエンザの初期段階では寒気を感じますのですこし厚着をさせてあげます。

湿度管理も大切です。

インフルエンザウイルスは乾燥している環境が大好きです。

反対に湿度が高いと生きていきません。

ですから、加湿器を活用するか、部屋にぬれタオルを干すなどして室内の湿度を50%に保つようにしましょう。

湿度を保つことで喉の乾燥も防ぐことができます。

赤ちゃんがインフルエンザに感染しないように予防しましょう

赤ちゃんがインフルエンザに感染しないようにするためには、家族がしっかりと予防することが大切です。

ですから、手洗いをこまめにすることや湿度の調整をしたり、赤ちゃんが生後6か月になっていたら予防接種をうけることもできますので考えてみましょう。

赤ちゃんがインフルエンザに感染した時の症状や治療法のまとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんのインフルエンザ感染の時の症状や治療法についてご紹介しました。

小さな赤ちゃんがインフルエンザに感染するのはとてもかわいそうですよね。

ですから、できるだけ予防してあげたいものです。

とはいえ、インフルエンザに感染してしまった場合には、自宅でしっかりとケアしてあげたいですね。