ぬれマスクがインフルエンザ予防に効果的って知ってた?

インフルエンザといえば冬に大流行します。

インフルエンザといえば、突然の高熱や筋肉痛、関節痛、頭痛などで辛い思いをしますね。

ですから、できるだけインフルエンザを予防したいと思いますよね。

インフルエンザの予防接種をはじめ、手洗いうがい、マスクの着用などの予防策をとっている方も多いでしょう。

そこでマスクの着用なのですが、「ぬれマスク」が効果的ってご存知でしたか?

今回は、ぬれマスクのインフルエンザ予防についてご紹介しましょう。

ぬれマスクのインフルエンザ予防効果は?

インフルエンザと言えば、マスク着用が予防効果があると言われていますね。

インフルエンザの始まりには、のどがイガイガしたり乾いた咳が出る方もいるでしょう。

実は、インフルエンザウイルスは喉から入りやすくて、とくに冬は乾燥しているのでウイルスが入りやすくなっているのです。

そこで喉の保湿ケアをしてくれるのがマスクです。

さまざまなマスクが販売されている中で、とくにインフルエンザ予防にお勧めなのが「ぬれマスク」なんです。

ぬれマスクを使うことによって、口呼吸をする癖のある人でも鼻呼吸になります。

鼻呼吸をすることで、のどの乾燥を予防することができるのです。

とくに寝ている間に無意識に口呼吸をしている人は、朝起きるとのどがガラガラしている事があるでしょう。

そんな人は、ぬれマスクを着用して寝るとよいでしょう。

また、鼻呼吸をすることは自律神経のひとつである交感神経を優位にしてくれます。

そのことで、リンパ球の働きが抑制されるので、鼻汁や発熱などの症状を抑えることができるのです。

通常のマスクでももちろん問題はありません。

けれども、ぬれマスクを着用することで保湿効果が高まります。

喉に侵入したウイルスを増殖させないためにも保湿がとても大切なのです。

その点でぬれマスクは高濃度の水蒸気を吸いこむことで喉や鼻がより潤うのでインフルエンザ予防効果が高まるのです。

インフルエンザ予防に効果的なぬれマスクの作り方

最近では、ドラッグストアなどにぬれマスクが販売されているので購入してもよいでしょう。

けれども、自分でもぬれマスクを作ることができるのでぜひ、挑戦してみてください。

早速、ぬれマスクの作り方をご紹介しましょう。

準備するのは箱で売っている不織布のマスクでかまいません。

材料は、不織布マスク2枚と布ガーゼだけです。

1.まずは布ガーゼを濡らします。

2.濡らしたガーゼを2枚の不織布マスクで挟みます。

これで、出来上がりです。

布ガーゼは口のところにあたるように位置を調節しましょう。

濡らす量は自分の好みで構いません。

とくに冷える日には水ではなくてお湯で濡らすとよいでしょう。

喉の症状が酷い時には、多めに水分を含ませるのがいいでしょう。

[スポンサードリンク]

ぬれマスク以外でインフルエンザ予防に効果的な事

インフルエンザにぬれマスクが効果的ということはわかりましたね。

ここで、ぬれマスクと合わせて取りいれたいインフルエンザ予防に効果的な事をご紹介しましょう。

ひとつめは、のどをケアすることです。

喉の症状が酷い時にはとくに、ぬれマスクにプラスしてネックウォーマーなどで首元を温めると症状が和らぎます。

ふたつめは、水分補給をすることです。

喉が乾燥していると症状がひどくなったり、インフルエンザウイルスが増殖しやすい環境となります。

そこで、こまめに水分補給をすることで粘膜を潤すようにしましょう。

みっつめは、室内の空気を乾燥させないことです。

インフルエンザウイルスが住みやすい環境は乾燥している事です。

ですから、室内の湿度を50~60%に保つことでウイルスが生きにくい環境となります。

加湿器を上手に活用して湿度管理をしましょう。

初期症状がでたら早めに対処がカギ

インフルエンザの対処にとても大切なのは、インフルエンザの感染がわかった初期症状の時です。

インフルエンザウイルスの侵入は、喉や鼻から入ってきます。

ぬれマスクを使うことで感染を最小に食い止めることができます。

もちろん、それだけでインフルエンザ対策が万全というわけではありません。

初期症状がでたら、早めに病院に受診して抗インフルエンザ薬などでの治療を行いましょう。

インフルエンザ予防対策は、たくさんあります。

できることから、一つずつ取りいれていくことがとても大切ということです。

普段から、栄養バランスの獲れた食事や睡眠をしっかり摂ることで免疫力も上げていきましょう。

インフルエンザ予防にぬれマスクが効果的についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防にぬれマスクが効果的ということについてご紹介しました。

最近、ドラッグストアなどでもよく見かけるようになったぬれマスク。

一般的なマスクより、より保湿力があることでインフルエンザ予防の効果が高いとされています。

自分でも作ることができるぬれマスク。

すこしでもインフルエンザ予防効率を上げるために、試してみてはいかがでしょうか?