インフルエンザ予防接種を受けられない赤ちゃんの予防方法は?

インフルエンザといえば、冬に大流行となります。

インフルエンザの予防方法と言えば、インフルエンザの予防接種を受けることだと思います。

けれども、小さな赤ちゃんはインフルエンザの予防接種が受けられませんね。

それでは、どのようにインフルエンザ予防をすればよいのでしょうか?

今回は、気になる赤ちゃんのインフルエンザ予防方法についてご紹介しようと思います。

インフルエンザの予防方法

インフルエンザと言えば、突然の高熱や頭痛などの症状があります。

インフルエンザは大人でも辛いので、小さな赤ちゃんがインフルエンザに感染すると大変です。

そこで、体力の弱い赤ちゃんをインフルエンザから守ってあげなくてはいけません。

インフルエンザの予防方法といえば、一般的にはインフルエンザの予防接種やインフルエンザウイルスを持ちこまないことです。

家族がインフルエンザウイルスを持ちこまないことで、かなり赤ちゃんの予防になりますので家族が気をつけなくてはいけません。

予防接種にかんしては、赤ちゃんは受けられる年齢が決まっています。

つぎに、赤ちゃんのインフルエンザ予防接種についてご紹介しましょう。

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから?

インフルエンザの予防といえば、インフルエンザ予防接種が一番です。

けれども、インフルエンザ予防接種は何歳から受けられるのか気になりますね。

インフルエンザの予防接種は6か月以上の赤ちゃんから受けられます。

6か月から2歳までの赤ちゃんは1回の摂取量が0.25mlで3歳以上で0.5mlと決められています。

接種回数は、6か月の赤ちゃんから12歳までは2回接種となり、13歳以上は1回または2回となっています。

2回接種する場合には、2~4週間間隔をあけなくてはいけません。

インフルエンザ予防接種は、希望する人だけが受けられる任意接種となります。

このように6か月未満の赤ちゃんの場合には、インフルエンザの予防接種が受けられませんので他の予防策を徹底することが大切です。

さらに、風邪を引いた場合も予防接種は受けることができません。

風邪を引いて免疫力が低下している状態では、予防接種を受けてもうまく抗体ができないからです。

[スポンサードリンク]

生後6か月未満の赤ちゃんでもワクチン効果があるの?

生後6か月未満の赤ちゃんは、インフルエンザの予防接種を受けることができないことがわかりましたね。

でも、実は妊娠中にインフルエンザの予防接種を受けている場合にはワクチンの効果があることが分かっています。

妊娠中や授乳中のお母さんのインフルエンザ予防接種を受ける事に関しては妊娠全期間を通してインフルエンザワクチン接種の母体に対する影響は極めて低いとされています。

ですから、妊娠中や授乳中のお母さんでもインフルエンザ予防接種を受けることができるのです。

そして、インフルエンザ予防接種を妊娠28週以降のにんぷさんが摂取した場合、受けていない妊婦さんの子どもに比べて生後6か月までのインフルエンザに感染する確率が63%下がることが分かりました。

ですから、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けることは妊婦さんだけでなく、胎児へもよい影響があるのです。

赤ちゃんが予防接種を受けることができない場合も、家族は予防接種を受けるようにするのが望ましいです。

赤ちゃんをインフルエンザから守るためにできることは?

それでは、赤ちゃんをインフルエンザウイルスから守るためにはどのようなことをすればよいのでしょうか?

赤ちゃんのインフルエンザ感染は、多くは大人がインフルエンザウイルスを家に持ち込んで感染します。

ですから、赤ちゃんをインフルエンザから守るためには家族で予防をしなくてはいけないのです。

まず、大切なことは家族がインフルエンザ予防接種を受けることです。

赤ちゃん本人がインフルエンザ予防接種を受けられない月齢であっても、大人がインフルエンザ予防接種をうけることでかなりの予防になります。

そして、一般的なウイルス予防方法となる手洗いうがいを徹底することも大切です。

これは、赤ちゃんの兄弟となる小さな子どもにもしっかりとやらせましょう。

そして、マスクの着用も大切です。

とくに電車などに乗って通勤しているお父さんは、どこでインフルエンザウイルスに触れるかわからないのでマスク着用を徹底しましょう。

また、室内の湿度を50~60%に保つことも大切です。

外出後はすぐに手洗いうがいを行う事。

手を洗えない状態のばあいには、アルコール消毒グッズなどをもっている事。

マスク着用に関しては、とくに赤ちゃんと近くで接触するお母さんも着けるようにしましょう。

このように赤ちゃんをインフルエンザから守るために、自分自身もしっかりと予防策を取りいれることが大切なのです。

できることは、どんどん取り入れていくようにしましょう。

赤ちゃんをインフルエンザから守るためにできることのまとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんをインフルエンザから守るために出来ることについてご紹介しました。

インフルエンザ予防接種は生後6か月以上の赤ちゃんでなければ受けることができません。

そこで、赤ちゃんを守るためには、家族がしっかりとインフルエンザ予防することだとわかりました。

とくに赤ちゃんと一番近くで長時間接するお母さんは、インフルエンザ予防接種を受けたり、予防策を徹底することが大切です。

今回ご紹介した予防策を取りいれて、ちいさな赤ちゃんがインフルエンザに感染することのないようにしてあげましょう。