インフルエンザ感染と同時にノロウイルスに感染することがあるの?

インフルエンザと言えば、寒くなって12月頃から3月頃まで流行します。

そして、同じころノロウイルスに感染する人もたくさんいます。

では、このインフルエンザとノロウイルスは同時に感染することがあるのでしょうか?

今回は、そんな気になるインフルエンザとノロウイルスの関係についてご紹介しようと思います。

インフルエンザの特徴とは?

まずは、インフルエンザの特徴からご紹介しておきましょう。

インフルエンザは毎年1~3月頃にピークを迎えますね。

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型があるのはご存知の方もおおいでしょう。

この中で一般的に流行するのがA型とB型になります。

インフルエンザの感染経路といえば、飛沫感染といって感染者が咳やくしゃみをして飛び散ったウイルスを吸いこむことや空気感染と言ったウイルスがのどや気管支、肺に侵入すること、そして感染者が触ったドアノブなどに接触して感染する接触感染があります。

このようにしてインフルエンザに感染すると1~3日ほどの潜伏期間があります。

そして突然38度以上の熱がでたり、筋肉痛や関節痛、頭痛、のどの痛みなどが起こります。

普通は重症にならずに治ることが多いのですが、小さな子どもやお年寄り、持病を持っている人などは重症になることもあるので注意しなくてはいけません。

ということで、インフルエンザ流行に合わせた予防接種を受けることがおすすめです。

ノロウイルスの特徴とは?

%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9-%e7%97%87%e7%8a%b6-%e5%a4%a7%e4%ba%ba-%e5%98%94%e5%90%90-%e4%b8%8b%e7%97%a2-300x300

ノロウイルスも冬場に多い感染症の胃腸炎で11月頃から3月頃まで流行します。

ノロウイルスの原因となるのが、ちいさな球体のウイルスです。

ノロウイルスは、牡蠣や二枚貝などの食材が原因となることがあります。

そして、ノロウイルスに感染した人から人へと接触感染する場合もあります。

ノロウイルスに感染するとウイルスが体内に潜伏します。

そして、数時間から2日ほど体内にとどまります。

潜伏期間後に症状が現れて胃腸を中心に嘔吐や下痢などの症状が起こり、発熱がある場合もあります。

症状が続く期間はあまり長くなくて、1、2日で回復します。

ノロウイルスについては、現在は予防のワクチンや治療薬はありません。

インフルエンザとノロウイルスの違いは?

では、インフルエンザとノロウイルスが同時に感染することはあるのでしょうか?

インフルエンザもノロウイルスも同じ時期に流行することや感染力が強くことなどで似たところがとてもたくさんあります。

ただ、高熱がでるインフルエンザに対して、ノロウイルスでは発熱しない場合も多いです。

下痢や嘔吐などの症状があるとノロウイルスと考えるとよいでしょう。

ウイルス感染症であることは同じですが、まったく違いますので両方が同時に感染することがあるのです。

ウイルスは細胞にくっついて中に侵入し増殖するので、形が違うと同時期にくっついて侵入発症することがあります。

インフルエンザとノロウイルスを同時に感染しないためにもしっかりと予防することが大切です。

[スポンサードリンク]

インフルエンザとノロウイルスの予防方法は?

それでは、インフルエンザとノロウイルスに同時に感染しないためにはどのような予防をすればよいのでしょうか?

まずは、インフルエンザの予防方法です。

インフルエンザの予防として、一番効果的なのが予防接種です。

予防接種はインフルエンザが流行する前に受けるようにしましょう。

予防接種を受けてから効果が出るまでに2週間ほどかかると言われています。

もちろん、手洗いうがい、マスクの着用などもしっかりと行いましょう。

つぎに、ノロウイルスの予防方法です。

ノロウイルスは生魚などから感染することが多いのです。

ですから、魚介類などを調理する際にはしっかりと加熱するようにしましょう。

とくに牡蠣やアサリ、ホタテなどの二枚貝は海に中にいる間に内臓にノロウイルスが溜まっていることがあるので注意が必要です。

加熱する際には85℃から90℃で90秒以上しっかりと加熱するようにしましょう。

免疫力アップでインフルエンザもノロウイルスも予防

インフルエンザやノロウイルスを予防する為に一番いいのが免疫力をあげることです。

これらのウイルスに負けない身体を作るためには、免疫力を高めることが大切なのです。

ですから、普段からしっかりと栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠などを心がけるようにしましょう。

インフルエンザとノロウイルスの同時感染についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザとノロウイルスは同時に感染することがあるのかという事についてご紹介しました。

インフルエンザもノロウイルスは全く違うウイルスですから、同時に感染することがあるのです。

ですが、どちらも重症になりがちなので同時に感染してしまうと大変です。

普段からしっかりとインフルエンザもノロウイルスも予防しておかなくてはいけません。

できることから、どんどん取り入れて予防をしていくと良いでしょう。