インフルエンザと風邪の鼻水の違いは?見分け方が知りたい!

インフルエンザと言えば、急な高熱といったイメージが一番あるでしょう。

他には、頭痛や筋肉痛、倦怠感などの全身症状もあります。

でも、インフルエンザで鼻水?

と思ってしまう方も少なくないでしょう。

インフルエンザでも風邪のような鼻水やのどの痛みなどの症状もあります。

では、インフルエンザの鼻水と風邪の鼻水はどんな違いがあるのでしょうか?

今回は、気になるインフルエンザと風邪の鼻水の症状の違いや見分け方についてご紹介しようと思います。

インフルエンザの時に鼻水の症状とは?

インフルエンザに感染すると、鼻水の症状も現れます。

普通の風邪のときと同じようにさらっとした水っぽい鼻水が出始めます。

その後に、鼻水が黄色っぽくなったり、緑っぽくなったりします。

さらに鼻づまりも現れることがあります。

インフルエンザの初期症状とちては、鼻づまりや喉の痛み、発熱などがありますね。

風邪の症状とも似ているので、インフルエンザか風邪かを見極めるのが難しいかも知れません。

インフルエンザの特徴は、急な発熱や倦怠感などがあります。

とくに咳と発熱が同時に急に現れた場合には、インフルエンザの可能性が高いと考えるとよいでしょう。

鼻水や鼻づまりといった症状は、インフルエンザに感染し発症したからしばらく後に発症することが多いです。

[スポンサードリンク]

インフルエンザの鼻水の対処法は?

それでは、インフルエンザで鼻水症状が出た時にはどのように対処すればよいのでしょうか?

インフルエンザで鼻水の症状がある場合には、出ている鼻をしっかりと取り除くことから始めましょう。

鼻は、細菌やウイルスを取り除くのにとても大切な役割があります。

それだけでなく、呼吸をしたり、ニオイを感じたり、湿度を調節する働きもあります。

ですから、鼻水はインフルエンザウイルスに対する防御反応といえます。

鼻水は、ウイルスの栄養となります。

ですから鼻水を培養液としてウイルスが増殖します。

鼻水はしっかりと除去することが大切なのです。

鼻づまりがある場合には、鼻を温めることも効果的です。

鼻を温めることで鼻の粘膜の血行が良くなるので一時的ですが鼻づまりが解消されます。

鼻を温めるには蒸すタオルを使うと良いでしょう。

蒸しタオルを鼻に当てて、ゆっくりと呼吸するとすっきりとします。

蒸すタオルを作るのには電子レンジが便利です。

タオルを水にぬらしてから絞って、ラップに包んで1分加熱しましょう。

また、温かい飲み物を飲んで、湯気を吸いこんでもよいでしょう。

鼻うがいができる方は、鼻うがいもおすすめです。

鼻うがいはインフルエンザ予防効果もあると言われています。

鼻うがいは水道水ではなくて、生理食塩数を使うことがポイントです。

飲みこまないように注意して行ってみましょう。

インフルエンザと風邪の見分け方は?

では、鼻水のように同じような症状も多いインフルエンザと風邪。

どのように見分けることができるのでしょうか?

まず、インフルエンザの初期症状と風邪の初期症状を比べてみましょう。

<インフルエンザの初期症状>

急な38度以上の発熱、悪寒、関節痛や筋肉痛などの全身症状が一気にくる。

<一般的な風邪の初期症状>

くしゃみ、鼻水、のどの痛みなどの局部的な症状が緩やかに進行する。

このように、インフルエンザと一般的な風邪ではその初期症状自体が全く違います。

くしゃみや鼻水などの症状がなくて、急に悪寒がしたり関節痛がでて高熱が出る場合にはインフルエンザと考えられます。

インフルエンザは潜伏期間でも周囲に感染するおそれがありますのでインフルエンザを疑う場合にはマスクを着用するようにしましょう。

小さなお子さんやお年寄り、持病を持っている方はインフルエンザによる合併症も心配ですから、インフルエンザを疑う症状が出た場合にはできるだけ早めに病院を受診しましょう。

インフルエンザの潜伏期間中には検査をしてもインフルエンザウイルスが検出されないことが多いです。

けれども、一応早めに受診するとよいでしょう。

インフルエンザでも鼻水が出ない時がある

インフルエンザだからと言って鼻水が必ず出るというわけではありません。

のどの痛みや咳、鼻水といった症状はあまりないけれど高熱がいきなり出て頭痛や関節痛、筋肉痛などを伴います。

このような症状があると鼻水の症状がなくてもインフルエンザの可能性があるのです。

インフルエンザと風邪の鼻水症状に違いについてのまとめ

いかがでしたか?

今回はインフルエンザと一般の風邪の鼻水症状の違いや対処法についてご紹介しました。

インフルエンザでは高熱だけでなく、少し遅れて鼻水などの風邪に似た症状も現れます。

この時の鼻水にはウイルスが含まれているので、処理にも気をつけなくてはいけません。

しっかりと取り除いて袋などに入れて密閉して処分するようにしましょう。

また、ご紹介したようなインフルエンザによる鼻水の対処法を取りいれてすっきりとしましょう。

もちろん、インフルエンザでも鼻水の症状がない場合もあるので、鼻水がないからといってインフルエンザではないと勘違いしないように気を付けましょう。