インフルエンザに感染している時に摂るべき食事はどんなもの?

寒くなってくるといよいよインフルエンザが流行し始めます。

インフルエンザに感染しないためにさまざまな予防策をとっている方は多いと思います。

とはいえ、どうしてもインフルエンザを100%予防することはできないので、感染してしまうこともあります。

もしもインフルエンザに感染してしまったら気になることは幾つかありますね。

そのなかのひとつが食事についてではないでしょうか?

そこで、今回はインフルエンザに感染している時に摂るべき食事について御紹介しようと
思います。

インフルエンザの症状とは?

まずは、インフルエンザについておさらいしておきましょう。

インフルエンザに感染して発症すると、多くは38度を超える高熱や悪寒、関節痛や筋肉痛などの全身症状が現れます。

しばらくすると頭痛や咳、鼻水、のどの痛みと言った風邪に似た症状もでてきます。

ただ、風邪症状に似ていてもインフルエンザの場合は、症状が風邪よりも重くなることが多いです。

[スポンサードリンク]

高熱がでている時は、インフルエンザウイルスと身体が戦っている証拠です。

ここで私たちが本来持っているバリア機能を落さないためにも、体力や免疫力を落さないためにもしっかりと食事と睡眠はとりたいものです。

でも、やはり高熱であったりのどの痛みなどがある場合には、普段通りの食事をすることはできません。

それでは、インフルエンザに感染している時にはどのような食事をすればよいのか、次でご紹介しましょう。

インフルエンザに感染している時の食事は?

では、インフルエンザに感染している時にはどのようなことに気を付けて食事をすればよいのでしょうか?

インフルエンザは発症すると体力も免疫力も落ちやすい状態となっています。

ですから、できれば栄養をとりたいものです。

おすすめは温かくて消化の良いものです。

たとえば、お粥や雑炊、煮込むうどんなどが食べられるようなら少しずつ食べるようにしましょう。

また冷たくてのど越しの良いものなら食べられるという場合には、ヨーグルトやゼリーもおすすめです。

すこし食べられそうなら免疫力を高めるためにビタミンやミネラルが摂取できる野菜スープなどもいいでしょう。

ただ、基本的には無理に食べる必要はありません。

高熱が出て、体力が落ちているので、胃腸の働きも弱っている状態です。

そんな時に無理に食べてしまうと消化不良を起こすことがあるので注意が必要です。

インフルエンザでも下痢や吐き気などの症状がある場合があります。

そんな時には、脱水症状になりやすいので、、食事よりも水分補給が大切です。

スポーツ飲料や経口補水液などを少しずつでも飲むようにしましょう。

インフルエンザに感染したら積極的に食べたい食材は?

インフルエンザに感染していると体力が落ちてしまっています。

そんな時にはどのような食材を積極的に摂りいれていけばよいのでしょうか?

まずは、ウイルスへの抵抗力を高めたり、粘膜の働きを助けてくれるビタミンAです。

ビタミンAは、普段からよく食べる牛乳やチーズ、バターなどに多く含まれています。

そして、発熱して失われたビタミンB群も補給しましょう。

ビタミンBは、海苔や卵、豚肉に多く含まれています。

つぎに、体の抗酸化作用と免疫力を高めてくれるビタミンCです。

ビタミンCと言えばフルーツを思い浮かべますがジャガイモやサツマイモなどにも多く含まれています。

抵抗力を高めるビタミンEは、カボチャや大豆などに多く含まれます。

また、抗菌作用と抵抗力を高めるにんにくやニラ、玉ねぎなども積極的に摂りたい食材です。

刺激のつよい食材は、インフルエンザ感染中にはなかなか体が受け付けないかもしえません。

ですから、比較的食べやすい卵やサツマイモなどを中心に牛乳を取りいれたりと工夫するとよいでしょう。

ほかにもたくさんある免疫機能を高める食材

ここまでは、インフルエンザ感染中に積極的にとりたい食材について御紹介しました。

インフルエンザの感染しているとき以外にも風邪予防などにできるだけ免疫力を高めておきたいものです。

そこでおすすめなのが緑茶や紅茶などのカテキンが多く含まれるものです。

カテキンには抗ウイルス作用や殺菌作用もありますので毎日飲みたいものです。

また、オクラや長いも、納豆などのネバネバ成分は気管や消化管などを守る効果があるのでおすすめです。

長いもには、抗インフルエンザウイルスを活性化させるタンパク質も含んでいるということです。

インフルエンザ感染中に積極的に食べたい食材についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザに感染している時に積極的に食べたい食材について御紹介しました。

インフルエンザに感染している時には高熱がでていたり、頭痛や関節痛などの痛みがあってなかなか食欲はでないことも多いです。

そんなときには無理して食べる必要はありませんが、水分補給だけはしっかりしましょう。

そして、少しでも食べられそうなときは、食べやすく消化の良い物から様子を診ながら食べるとよいでしょう。

また、ご紹介したように免疫力を高める食材などを上手に取り入れていくこともおすすめです。