インフルエンザの予防接種が痛い理由は?対処法は?

冬になると流行するインフルエンザ。

できるだけ、インフルエンザの感染を予防したいとインフルエンザの予防接種を受ける方も多いでしょう。

このインフルエンザの予防接種、他の予防接種より痛いと感じたことはありませんか?

なぜ、インフルエンザの予防接種は痛いのでしょうか?

今回は、気になるインフルエンザの予防接種の痛みの理由や対処法について御紹介しようと思います。

インフルエンザのワクチン

一般的にある予防接種には3つの種類があります。

不活性ワクチン、生ワクチン、トキソイドです。

このうち、インフルエンザワクチンは不活性ワクチンにあたります。

不活性ワクチンとは、ウイルスや細菌などの毒性をなくしたものを体内へと注射する方法です。

そして、ウイルスが体内で増殖することはないので、その病気の症状は発病しませんが、免疫不足になることも多く数回接種することになります。

そんなインフルエンザワクチンですが、インフルエンザにはA型、B型、C型の3種類があり一般的に流行するA型とBg多があります。

ワクチンには、何種類のウイルスや細菌に対して免疫をつけることができます。

平成27度から、インフルエンザワクチンはA型株が2株、B型株が2株含まれたインフルエンザHAワクチンが使われています。

889587e1

インフルエンザの予防接種が痛い理由

他の予防接種に比べてインフルエンザ予防接種は痛いと感じる人が多いでしょう。

このインフルエンザの予防接種に使われている不活性ワクチンは、海外では筋肉注射により接種されるものです。

けれども、日本では基本的には皮下注射での接種になります。

この注射のする場所によって痛みに差がでるということです。

静脈に注射する静脈注射は一般的に点滴で適用されていて最も効き目が早いといわれています。

筋肉に注射する筋肉注射は皮下注射よりも吸収が早く、静脈注射の次に効き目が早いと言われています。

そして、皮下注射は皮膚と筋肉の間に注射するものでワクチンはこのタイプが多く、吸収は穏やかですが効果が長続きします。

皮肉注射は皮膚の表面とすぐ下の真皮の間に注射をするもので、これはツベルクリン半のやアレルギー反応の検査に使われることが多いです。

日本では、インフルエンザ予防接種は皮下注射を採用されています。

一般的に筋肉注射と皮下注射では、筋肉注射の方がいたくないと言われます。

筋肉注射の方が奥にささるので痛いというイメージがありますが、実はそうではないのです。

[スポンサードリンク]

インフルエンザ予防接種の痛みを軽くするためにできること

インフルエンザ予防接種は痛いので受けるのを躊躇してしまう方も多いでしょう。

それでは、痛みを軽くするためにできることはあるのでしょうか?

いくつかの対処法がありますのでお試しください。

1.注射が苦手だと伝える事

注射の痛みよりも、注射が痛いという先入観からくる恐怖心が痛みを増殖させてしまいます。

注射に限ったことではありませんが、イヤだという気持ちを抱え込んでいるとよりその気持ちに意識が集中してしまいます。

ですから、子供だけでなく大人でも注射を受ける前に「注射が苦手なんです」と吐き出すことで気持ちが楽になります。

場合によっては看護師さんがお話をしながら注射をしてくれて、気を紛らわせてくれることもあります。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%a7%e6%ad%bb%e8%80%85

2.注射される場所を刺激すること

注射する部分が分かっている場合には、そこの皮膚をあらかじめ刺激しておきます。

すると注射の痛みを緩和することができます。

注射される直前に痛いと感じるくらいつねったりしても針の刺激が鈍くなります。

3.深呼吸をすること

深呼吸にはリラックス効果があります。

それと同時に筋肉を緩める効果もあるのです。

皮膚に針が刺さる瞬間に筋肉がこわばると針が進みにくくなりますので余計に痛みを感じてしまいます。

ですから、針を刺す瞬間に息を吐いて筋肉を緩めるとよいでしょう。

4.注射中にはほかの部分を刺激すること

私たちの体は同時に複数の場所の痛みをかんじにくいと言われます。

ですから、針を刺す瞬間に別の部分をつねってみると、注射の痛みを和らげることができるでしょう。

インフルエンザ予防接種後の痛みには?

インフルエンザの予防接種を受けた後に痛みを感じることがあります。

そんな時にはどのように対処すればよいのでしょうか?

実は、体内にワクチンとして入ったウイルスが働き始めることでより痛みのある腫れや熱が発症することがあります。

注射をした部分が腫れたり熱をもって痛みを伴うのは副反応です。

副反応は人によって違いますが、2,3日で落ち着くものです。

それ以上痛みがつづいたり、注射した腕以外が痛む場合には病院を受診しましょう。

インフルエンザ予防接種の痛みについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、インフルエンザ予防接種の痛みについて、その理由や対処法について御紹介しました。

インフルエンザの予防接種は、他の予防接種よりも痛みがあると感じた方も多いでしょう。

けれども、幾つかの方法で対処することができます。

どうしても痛みが我慢できない場合には、これらの方法を試してみるとよいでしょう。